dブックの退会手順【解約方法を解説】

dブックの退会手順【解約方法を解説】

dブックを今すぐに退会したいんだけど、具体的な手順をすぐに教えてほしい。

このように思っている方に向けて本記事では、dブックの退会・解約の手順を画像付きで詳しく解説します。

2分もあればdブックの退会・解約を完了できるので、今すぐにdブックの利用をやめたいと考えている人は必見です。

運営者情報

暇つぶし漫画ブログの編集長

当サイト編集長で電子書籍マニア。電子書籍に関するアンケート、利用体験をもとに、Webライター様とコンテンツを制作しています。

公式Twitterアカウント(@ebook__mania)では、電子書籍情報やおすすめ漫画を毎日発信。フォローの方よろしくお願いします!

漫画が安く買えるクーポン!!

電子書籍のヤバいクーポン

漫画を定価で買う時代は終わり。今は割引価格で漫画を買う時代です。

例えば、クーポンを使えば下記のような作品を激安で購入できます

 

\人気作、旬な作品がぜんぶ割引/

割引対象作品

クーポン内容は100冊40%OFFや70%OFFと破格な内容なので、逆に定価で買ってしまうと、かなり損をする可能性があります

まだゲットしていない人は、以下より詳細を確認してクーポンをゲットしてください!

 

\期間限定/

無料でゲット!!

 

dブックの退会手順【解約方法を解説】

  • dアカウントを選択
  • マイページのdアカウントを選択
  • dアカウント管理メニューを選択
  • dアカウントの廃止
  • 次へ進む
  • IDとパスワードを入力

dブックの退会手順は上記の通りで、退会はdアカウントの削除を行う必要があります。

購入した電子書籍だけでなく、dポイントまで失効してしまうので、基本的に退会処理は行わないことをおすすめします。

「それでも退会したい!」という人は、画像付きで詳しく解説するのでどうぞご覧ください。

①dアカウントを選択

トップページで「dアカウント」を選択します。

①dアカウントを選択

②マイページのdアカウントを選択する

マイページに移行するので、続いては管理画面上のdアカウントを選択します。

マイページのdアカウントを選択する

③dアカウント管理メニューを選択する

「dアカウント管理メニュー」を選択します。

dアカウント管理メニュー

④dアカウントの廃止を選択

「dアカウントの廃止」をタップします。

dアカウントの廃止

⑤次へ進むを選択

「次へ進む」を選択します。

dアカウントの廃止の手続き

⑥IDとパスワードを入力

IDとパスワードを入力し、「dアカウントを廃止する」を選択すれば完了です。

dアカウントの廃止

dブックの退会・解約でよくある質問

  • 退会すると購入済みの本はどうなる?
  • 退会するとポイントはどうなる?

dブックの退会・解約でよくある質問を上記にまとめたので、退会・解約したい人は上記内容を押さえておくとよいでしょう。

ひとつずつ解説していきます。

Q1:退会すると購入済みの本はどうなる?

A:dアカウントを削除してしまうと、dブックで購入した電子書籍も削除されてしまいます。

dブックはdアカウントをそのまま使用する電子書籍サイトのため、退会はdアカウントの削除を意味します。

それだけでなく、保有しているdポイントまで失効するので、基本的退会は行わないのがおすすめです。

dブックは月額料金がかかるようなサービスではないので、退会するメリットはありません。

どうしても退会手続きを行う場合は、上記のような注意点を理解したうえで行うようにしましょう。

Q2:退会するとポイントはどうなる?

A:退会処理するとdポイントも失効します。

dブックはサイトのアカウントがdアカウントなので、退会時のデメリットが他社サービスよりも大きいのが特徴です。

退会を考えている方はよく検討してから行うようにしてください。

まとめ:dブックの退会・解約は簡単6ステップ!

本記事では、dブックの退会・解約の手順を画像付きで解説しました。

手順をもう一度まとめると以下のとおりですが、6ステップと多いように見えますが簡単です。

  • dアカウントを選択
  • マイページのdアカウントを選択
  • dアカウント管理メニューを選択
  • dアカウントの廃止
  • 次へ進む
  • IDとパスワードを入力

よくあるサービスを継続されるためにややこしい退会・解約手順にしていることはありません。

2分もあればdブックの退会・解約を完了できます。

しかし、本記事で解説した通り、電子書籍ストアの退会・解約は、購入した作品が読めなくなる等のデメリットが大きすぎます。

サービスを継続しておくことで特に害はないはずなので、よほどのことがない限りは退会・解約はしないでおきましょう。

-退会手順