【人類滅亡!?】ディストピア漫画25選

【人類滅亡!?】ディストピア漫画25選

ディストピア漫画を読みたいけど、どの漫画が面白いのか?このような疑問にお答えするために、本記事では厳選した25作品を紹介します。

本記事を読めば、本当に面白いディストピア漫画に出会うことができますよ。

漫画を安く買うなら!

Amebaマンガ

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】

Amebaマンガでは期間限定で100冊40%OFFクーポンを配布中。ここまでヤバいクーポンは、他では配布していません。

いつ配布が終了するかわからないですが、配布終了のカウントダウンは始まっていると思ってください。(会員特典のポイント、限定クーポンは予告なく変更・終了する場合がございますのでご了承ください

 

また、対象作品はAmebaマンガで取り扱いのあるマンガすべて。

例えば、下記のような人気作品はすべて40%OFFになるので、期間限定で割引クーポンを配布している今は大チャンスですよ。

\すべて40%OFF!!/

割引対象作品

 

【人類滅亡!?】ディストピア漫画25選

  • 北斗の拳
  • ドクターストーン
  • ゾン100〜ゾンビになるまでにしたい100のこと〜
  • 世界の終わりに柴犬と
  • デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション
  • インフェクション
  • スプライト
  • 東京マグニチュード 8.0
  • 進撃の巨人
  • COPPELION
  • アポカリプスの砦
  • アイアムアヒーロー
  • 今際の国のアリス
  • Thisコミュニケーション
  • キングダムオブザZ
  • GANTZ
  • 神さまの言うとおり
  • 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD
  • 少女終末旅行
  • 地球の放課後
  • なぎさにて
  • 一日三食絶対食べたい
  • あげくの果てのカノン
  • ヨコハマ買い出し紀行
  • 虫籠のカガステル

今回ご紹介するディストピア漫画は上記の作品。

それぞれの作品について簡単に紹介していきます。

北斗の拳

~作品紹介~

199X年、世界は核の炎に包まれた!! 文明は消え去り、世界は暴力が支配する時代になっていた──!

「北斗の拳」第1巻より参照

読んだ感想

ドクターストーン

~作品紹介~

一瞬にして世界中すべての人間が石と化す、謎の現象に巻き込まれた高校生の大樹。数千年後――。目覚めた大樹とその友・千空はゼロから文明を作ることを決意する!! 空前絶後のSFサバイバル冒険譚、開幕!!

「ドクターストーン」第1巻より参照

読んだ感想

謎の光線により全人類は石化してしまいます。3700年後に目覚めた主人公たちが全ての文明が終わってしまった地球で科学の力を用いて文明を取り戻していきます。

思想の違いや原資の独占をしたい敵との衝突等もありますが、最終的には人類で協力していく姿が非常にロマンがある面白い漫画です。

ゾン100〜ゾンビになるまでにしたい100のこと〜

~作品紹介~

汚部屋でゾンビ映画を観て「会社に比べりゃ天国だよな」とつぶやく男・天道輝(24)は、かなりのブラック企業に入社して3年目。憧れの経理・鳳さんへの恋もままならず、いよいよ正常の向こう側に踏み込んでいた。ある朝、管理人が住民を「食べて」いるのを皮切りに、街ではゾンビが増殖開始。迫る死者たちに追われる輝が感じたのは……

「ゾン100〜ゾンビになるまでにしたい100のこと〜」第1巻より参照

読んだ感想

主人公は超絶ブラック企業に勤める男性。その日も仕事に行こうと外に出ると、そこはゾンビに満ちた世界に。

主人公は絶望するのかと思いきや、仕事に行かなくてもいいんだ!とポジティブになります。終末感と対比して主人公の底抜けの明るさが非常に面白いです。

世界の終わりに柴犬と

~作品紹介~

Twitterで大人気のハルさんとご主人がComicWalkerに登場!終末世界を巡る女子高生ととってもキュートな柴犬が織りなす、すこしふしぎな日常譚。

「世界の終わりに柴犬と」第1巻より参照

読んだ感想

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション

~作品紹介~

3年前の8月31日。突如 『侵略者』の巨大な『母艦』が東京へ舞い降り、この世界は終わりを迎えるかにみえた――その後、絶望は日常へと溶け込んでゆき、大きな円盤が空に浮かぶ世界は今日も変わらず廻り続ける。小山門出(こやまかどで)、中川凰蘭(なかがわおうらん)、2人の女子高生は終わりを迎えなかった世界で青春時代を通行中!

「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション」第1巻より参照

読んだ感想

インフェクション

~作品紹介~

友人達によって、学校の倉庫に閉じ込められてしまった高校生・天宮晴輝と、そこに居合わせた少女・磯波きらら。ただのいたずらのはずが……、なぜか開かない扉。二人は三日に及ぶ苦闘の末、どうにか倉庫を脱出した。ところが、外の世界は一変。人を襲う“保菌者”によって、町は埋め尽くされていた!!

「インフェクション」第1巻より参照

読んだ感想

スプライト

~作品紹介~

その日、女子高生・スー(時任好子)の目には、黒い雪が舞っているのが映っていた。同日午後、友人のキリコ、ミキとともに、叔父・正午が住むマンションを 訪ねたスーは、そこで大地震に襲われた。地震の最中、スーと正午は、マンションを黒い津波が飲み込むのを目撃した!揺れがおさまった後、スーたちが いるフロアは黒い水に浸され、人々は軟禁状態に…そして、スーたちを衝撃的な出来事が、次から次へと待ち受けていた!

「スプライト」第1巻より参照

読んだ感想

東京マグニチュード 8.0

~作品紹介~

関東大震災を超えるM8.0の大地震が首都・東京で発生。いつもは意識していない“平凡な日常”の喜びを、一瞬にして地震が破壊したら……。家族に対して素直になれない中学生・未来、“空気を読む”優しい弟・悠貴、そして5歳の娘をもつシングルマザー・真理。想定外の大地震に見舞われた3人が助け合い、それぞれの家族のもとへ歩き出す。

「東京マグニチュード 8.0」第1巻より参照

読んだ感想

進撃の巨人

~作品紹介~

手足をもがれ、餌と成り果てようと、人類は巨人に挑む!! 巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の戦いが始まってしまう。

「進撃の巨人」第1巻より参照

読んだ感想

知らない人はいないであろう超有名漫画。壁によって人類は巨人から守られています。

しかし、その壁よりも大きい巨人に壁が壊され一瞬のうちに絶望に包まれます。 絵の好き嫌いで読んだことがないという人が多いかもしれませんが、ストーリーや設定の作りこみがすごい漫画です。

COPPELION

~作品紹介~

時は西暦2036年。東京は原発事故による放射能汚染で封鎖されていた。そんな死都・東京に3人の女子高生が送りこまれる。彼女たちの名は[COPPELIONーコッペリオンー]。遺伝子操作によって生まれつき放射能の抗体を持つ、陸上自衛隊・第三師団所属の特殊部隊である。死都・東京で、生存者を探すコッペリオン。果たして、どんな運命が彼女たちを待ち受けるのか!?キケンな旅が今、始まる――!!

「COPPELION」第1巻より参照

読んだ感想

アポカリプスの砦

~作品紹介~

ゾンビvs.不良!!!!!監獄を舞台に災厄が最悪を食む!!――関東中の不良が集まる更生施設・松嵐(しょうらん)学園に、無実の罪で収監された前田義明(まえだ・よしあき)。暴力渦巻く日々に、義明は絶望感を募らせていく。そんな中、監内に突如現れたのは死してなお歩き、人を喰らうゾンビだった……!悪夢のような世界で、不良達のサバイバルが始まる!!戦慄のパニック・ホラー!!!

「アポカリプスの砦」第1巻より参照

読んだ感想

アイアムアヒーロー

~作品紹介~

鈴木英雄、35歳。漫画家のさえないアシスタント生活を過ごす中、悶々とした現実に勝つため時に妄想に逃げ込み、救いであるはずの恋人にも不安と不満が募る。だがある日、気付かぬうちに謎の感染症が蔓延し始め…現実の世界が壊れ、姿を変えていく…⁉迷い込んだのは、日常と非日常、平凡と狂気が交差する世界。極私的サバイバルパニックホラーここに開幕‼

「アイアムアヒーロー」第1巻より参照

読んだ感想

主人公は全く特別感のない一般人です。世界がゾンビだらけになる前も特別生きようとする気力に満ちた人間ではありませんでした。

しかし婚約者のおかげでなんとか希望をもって生きているというリアリティのある導入部分でした。その日常が崩れ落ちる瞬間の描写が本当にすごいです。

今際の国のアリス

~作品紹介~

やりきれない日常に苛立つ高校生・有栖(アリス)良平が悪友の苅部(カルベ)や張太(チョータ)とブラつく夜、街は突然巨大な花火に包まれ、気づけば周囲の人気は消えていた。夜、ふらりと入った神社で告げられる「げぇむ」の始まり。一歩誤れば命が奪われる理不尽な難題の数ーを前に、アリスの眠っていた能力が目覚め始める…「呪法解禁!!ハイド&クローサー」の麻生羽呂が全くスタイルを変えて挑む戦慄のサバイバル・サスペンス、開幕!

「今際の国のアリス」第1巻より参照

読んだ感想

今際の国という臨死状態の人が集まる夢の中のような場所で色々なテーマのデスゲームが行われます。

現実の世界で生きているときの方が辛かったというキャラもいるのですが、この国では上手く立ち回ると楽しく暮らすこともできます。

なので今際の国に残ること、つまり臨死状態を望む人もいる。気持ちがわかる部分もあり面白い漫画です。

Thisコミュニケーション

~作品紹介~

20世紀後半――地球に突如として現れた謎の生物「イペリット」。敵と認識された人類の多くは滅ぼされ、地上は廃墟と化していた。生き残りのデルウハは、絶望の果てに自ら死を選ぶが、ある研究所の人間によって一命を取り留める。その研究所では、イペリットに対抗するべく造り出された少女たちがいた!

「Thisコミュニケーション」第1巻より参照

読んだ感想

キングダムオブザZ

~作品紹介~

ゾンビよりヤバイ女子高生コンビ、ここにいます!!!ゾンビが突如出現して5日…。校内で辛くも生き延びていた主人公・佐藤勝(まさる)は、窮地を関ヶ原ミキと百鬼(なぎり)かりんのJK2人組に華麗に助けられる。安堵する佐藤だったが、この状況下にもどこか余裕綽々の2人の真意を知り…!!血も滴るヤバすぎ女子高生!新感覚「ゾンビよりもJKパニック」ストーリー興国!!

「キングダムオブザZ」第1巻より参照

読んだ感想

GANTZ

~作品紹介~

地下鉄のホームで撥ねられ死んだはずの玄野、加藤は謎のマンションの一室に一瞬にして転送される。そこに置かれた得体の知れない黒い球の指令により、ねぎ星人の暗殺を命じられた玄野らは、状況を把握できないままねぎ星人の元へと転送される。マンションにいた仲間によってねぎ星人は殺されるが、新たなねぎ星人が現れ…。

「GANTZ」第1巻より参照

読んだ感想

主人公が死んだ瞬間に謎の球体が置いてある部屋にワープさせられます。そしてネギ星人をやっつけに行けというよくわからない指示を受けます。

理不尽に異星人を殺すことに疑問を感じながらも、ゲームのように異星人との殺し合いが続きます。目的が本当に最後の方までわからずそれが気になり読んでしまいます。

神さまの言うとおり

~作品紹介~

教室が戦場に!巨大な謎と圧倒的な恐怖――!高畑瞬(たかはた・しゅん)16歳、男性。幼い頃から物静かでマイペースな彼は、自らの人生を退屈だと感じるようになっていた。――だが、しかし、唐突に訪れた日常との決別。それは神罰か、神からの贈り物か!?「生きる」ために、今までの俺を「殺せ」!“だるま”が、“ネコ”が、退屈だった日々をブチ壊す!

「神さまの言うとおり」第1巻より参照

読んだ感想

高校の教室にいきなりだるまがやってきて始まるデスゲーム。最初のゲーム「だるまさんが転んだ」でとんでもない数の高校生が殺されてしまいます。

物凄い絶望からこの漫画は始まり、理不尽に殺されていく登場人物に読者としても喪失感がすごい漫画です。

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD

~作品紹介~

主人公「小室孝」は、地方の全寮制高校に通う高校生。幼なじみで密かに思いを寄せていた「宮本麗」が、彼の親友「井豪永」とつきあい始めたことを知り、空虚な毎日を過ごす。だが、昼休みに世界は一変。学園に蘇生した屍=<奴ら>の群れが押し寄せて来たのだ!!<奴ら>に喰われた者は絶命し、正気を失った「生ける屍」として、友人や恋人にまで襲いかかる。刻々と迫る、<奴ら>の群れ。学園に取り残された少年少女の運命は!?

「学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD」第1巻より参照

読んだ感想

少女終末旅行

~作品紹介~

文明が崩壊した終末世界。ふたりぼっちになってしまったチトとユーリは、愛車のケッテンクラートに乗って広大な廃墟をあてもなくさまよう。日々の食事と燃料を求めて移動を続ける、夢も希望もない毎日。だけどそんな「日常」も、ふたり一緒だとどこか楽しそう。一杯のスープを大事に飲んだり、まだ使える機械をいじってみたり……何もない世界だからこそ感じる想いや体験に出会える、ほのぼのディストピア・ストーリー。

「少女終末旅行」第1巻より参照

読んだ感想

地球の放課後

~作品紹介~

謎の現象“ファントム”により、人類が消えた世界に残された4人の少年少女。再会を信じ、力を合わせて生きていくが…!?

「地球の放課後」第1巻より参照

読んだ感想

なぎさにて

~作品紹介~

人類は滅亡するために生まれてきたのか――――!?主人公・杉浦渚はどこにでもいる普通の女子高校生。杉浦一家もどこにでもいる普通の家族。ただし、取り巻く世界は確実におかしくなっていた。2011年に人類発祥の地・ケープタウンに不思議な木が生えたときから…

突如として世界各地に生え始める不思議な木…強制的に「世界の終わり」を意識させられる人類…刹那的な享楽にふける人…全てを諦め投げやりな生き方を選ぶ人…

全てが急速に変わり始めた世界の中で、変わらないことを選び絶望に挑む、家族の物語がここに開幕!!

「なぎさにて」第1巻より参照

読んだ感想

一日三食絶対食べたい

~作品紹介~

突如として大洪水に襲われ、あらゆる文明は水没。その後、氷河期を迎えて滅びかけた世界――。生き残った少数の人類は、自給自足の生活を強いられている。ダメ人間のユキは、リッカという少女と同居しているが、病弱なリッカはやせ細っていくばかり。彼女に1日3食おいしいものを食べさせてあげたい……クズだけど、ダメだけど、イヤだけど、大事な君のために働かなくては。滅亡寸前の世界で、少女のためにダメ人間が踏ん張る!

「一日三食絶対食べたい」第1巻より参照

読んだ感想

あげくの果てのカノン

~作品紹介~

高月(こうづき)カノン、23歳。高校時代からストーカー的に想いを寄せる境(さかい)先輩と、アルバイト先の喫茶店で再会を果たす。でも、いけない。先輩は世界の英雄で、そして奥さんのものだから。SF×不倫の異色の恋愛を描くのは、弱冠24歳の俊英。ストーカー気質メンヘラ女子の痛すぎる恋に、共感の嵐です!

「あげくの果てのカノン」第1巻より参照

読んだ感想

ヨコハマ買い出し紀行

~作品紹介~

お祭りのようだった世の中がゆっくりと落ち着き、のちに“夕凪(ゆうなぎ)の時代”と呼ばれる近未来の日本。人型ロボット・アルファは、喫茶店『カフェ・アルファ』を営みながら、オーナーを待ち続ける――。

「ヨコハマ買い出し紀行」第1巻より参照

読んだ感想

虫籠のカガステル

~作品紹介~

人が巨大な虫になる奇病[カガステル]が発症。虫(カガステル)は理性を失い、人を襲い、繁殖し続ける。人類が虫(カガステル)の“駆除”を認めたのは、人口の三分二が喰い殺された後だった――。“駆除屋”として生きる少年・キドウは、“虫籠”で死にかけた男を発見。男は娘を託し息を引き取る。残された娘・イリは、父が死んだ哀しみでその場を動こうとしない。キドウはそんな少女の頬を叩き、言い放つ。「生きる気がないならここで死ね」――それが二人の出会い。

「虫籠のカガステル」第1巻より参照

読んだ感想

まとめ

本記事では、おすすめのディストピア漫画を厳選して紹介しました。

-おすすめ漫画