【永久保存版】死ぬまでに絶対に読むべき漫画7選【人生を幸福にする名作特集】

【永久保存版】死ぬまでに絶対に読むべき漫画7選【人生を幸福にする名作特集】

漫画って作品数多すぎて、どれを読めばいいかわからないよね。死ぬまでに読むべき漫画とか知りたいなぁ

 

今回はこのようなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • ”絶対に読むべき漫画”の意味
  • 死ぬまでに読むべき漫画7選

 

本記事の執筆者

1,000冊以上の漫画を読んだカップルブロガーが執筆しています。

 

今回は「死ぬまでに読むべき漫画」というテーマで記事を執筆しました。さっそくですが、みなさんこのような記事を見たことがありませんか?

 

”死ぬまでに読むべき漫画99選!”

 

いや、そんなに読めるかって思いません?(笑)私なら思いますね。

 

なので、本記事では本当に読むべき漫画として7つまで絞りました。さっそくご紹介していきたいのですが、一応「死ぬまでに読むべき漫画」をどのように選定したのかも気になるかと思いますので、先にそちらを解説しますね。

 

必要ない方は、こちらの死ぬまでに絶対に読むべき漫画7選をどうぞ。

 

おすすめ電子書籍

漫画を無料で読みたい。お得に購入したいなら電子書籍がおすすめです。本記事で紹介したほとんどの作品が電子書籍で読めますよ☟

>>[最新版]電子書籍サイト12社を徹底比較「厳選3社+用途別のおすすめサイト」

 

”死ぬまでに絶対に読むべき漫画”の意味

”死ぬまでに絶対に読むべき漫画”の意味

「絶対に読むべき漫画」って、けっこう抽象的な言葉だと思うんですよね。

 

もっと具体的に、”なぜ読むべきなのか?”

 

これを理解しなければ、ただ私の好きな漫画を紹介しているだけの”まとめ記事”を読んだだけですよね。それは本質と離れている気がします。。。

 

さて、それでは具体的に”死ぬまでに絶対に読むべき漫画”とはなにか?

 

結論、「人生で大切なことを学べる」漫画のこと。下記7つが人生に必要で必ず理解しておかなければならないものです☟

 

  1. イジメの怖さとは?
  2. 素直が大事な理由は?
  3. 夢を追いかけるとは?
  4. 優しさ・愛情・恋とは?
  5. 大切な物を捨てる勇気とは?
  6. 友達、親とはどういう存在か?
  7. 積み上げてきた物の価値とは何か?

 

それぞれ、人生において「なぜ学ばなければいけないのか?」「なぜ理解しておかなければいけないのか?」を、一つずつ解説していきます。

 

1.イジメの怖さとは?

 

小・中・高・大・社会人。残念ながらいつになってもイジメというものが存在します。

 

被害者側の気持ちは?被害者側の家族の気持ちは?また、加害者の気持ちは?加害者側の家族の気持ちは?

 

このようなマインド面をきちんと学び理解しておかないと、辛い人生を送るor辛い人生を送らせてしまう可能性大です。

 

この”イジメの怖さ”について学べる漫画は「聲の形」です。(リンクから聲の形の詳細に飛べます)

 

2.素直が大事な理由は?

 

何歳になっても素直な気持ちは大事ですよね。将来頑固おやじとかウザすぎます(笑)

 

素直でいると得をすることが多いので、人生で得をしたいなら理解しておいてほしいことです。

 

この素直が大事な理由については「ばらかもん」で学ぶことができます。(リンクから「ばらかもん」の詳細に飛べます)

 

3.夢を追いかけるとは?

 

夢があってもほとんどの人は叶いません。というのも、夢を叶えることのしんどさを知らずに挑み、あまりにも過酷で諦めてしまうからです。

 

何歳になっても夢や、夢ほど大きくなくても目標などはあるもの。その都度、「しんどくて諦めるorしんどいことを知っているからそもそも挑まない」ではダメ。人生面白くないです。

 

人生を面白くするためにも、そのしんどいことの先にあるものを知っておきましょう。

 

そんな夢を追う辛さ、叶えたときの達成感を学べる漫画は、「バクマン」です。(リンクから「バクマン」の詳細に飛べます)

 

4.優しさ・愛情・恋とは?

 

一生一人で生きていくことが不可能な現代なので、「優しさ・愛情・恋」のような、いわゆる”人間の感情”について理解しておく必要があります。

 

それを理解しておかなければ、「KY(空気読めない)や協調性がない、心が冷たい」なんてことを言われたり。。。

 

これが人生においてどのような影響を及ぼすのかというと、”誰も助けてくれなくなる”可能性が高くなります。

 

考えてみたらわかると思いますが、自分に対して”メリットのない人間”と仲良くなりますか?困っていたら助けますか?

 

普通に考えたら、”放置”ですよね。

 

そうならないためにも、「優しさ・愛情・恋」のような、いわゆる”人間の感情”を理解しておきましょう。

 

その”感情”については「町田くんの世界」で学べます。(リンクから「町田くんの世界」の詳細に飛べます)

 

5.大切な物を捨てる勇気とは?

 

人生において、時には捨てなければいけないものもあります。

 

例えば、副業をするなら自分の時間を捨てなければならないですよね?そういった感じで、捨てなければならない場面は結構あります。

 

そんなときにどうすれば捨てられるのか?結論は、”勇気”だけです。とはいえ、”勇気”って言葉だけじゃ伝わりにくいですよね。

 

ご安心を。それを物語風にして学ぶことができる漫画が「All You Need Is Kill」です。(リンクから「All You Need Is Kill」の詳細に飛べます)

 

6.友達、親とはどういう存在か?

 

あなたにとって友達とは?親とは?どういう存在でしょうか。

 

恐らく人それぞれで、「友達は暇つぶしの相手、親は口うるさい大人」なんて悲しいことを言う人もいるかもしれません。

 

しかし、本来はそんなものではない。友達は「助け合える大切な人間」、親は「無償で助けてくれる人間」のはずです。

 

それを間違えて理解してはいけません。

 

なぜ友達は「助け合える大切な人間」なのか?なぜ親は「無償で助けてくれる人間」なのか?

 

それについて学べる漫画は「僕だけがいない街」です。(リンクから「僕だけがいない街」の詳細に飛べます)

 

7.積み上げてきた物の価値とは何か?

 

結果が出なければ積み上げることは意味がない?結果がすべてで過程に意味はない?

 

答えはいいえ。

 

当然結果が出ればいいのですが、結果が出なくても、積み上げてきた過程にも大きな価値があります。

 

逆にその積み上げ(努力)の価値をわからずに人生を過ごすと、何も持たない人間になってしまいます。それはイヤでしょ?積み上げてきた物の価値はちゃんと理解しましょうね。

 

それを学ばせてくれる漫画は「1/11(じゅういちぶんのいち)」です。(リンクから「1/11(じゅういちぶんのいち)」の詳細に飛べます)

 

 

以上、人生で必ず理解しておかなければならない7つのことでした。もう一度まとめておきます☟

 

  • イジメの怖さとは?
  • 素直が大事な理由は?
  • 夢を追いかけるとは?
  • 優しさ・愛情・恋とは?
  • 大切な物を捨てる勇気とは?
  • 友達、親とはどういう存在か?
  • 積み上げてきた物の価値とは何か?

 

けっこう長々と書いてきましたが、漫画から学ぶことは非常に多く、そのことを理解している人が少ないように思えたのでここまで詳しく書きました。

 

これからは漫画はただの娯楽ではなく、学ぶことが多い”教材”のように捉えて読んでみても面白いですよ。

 

さて、続いては本記事のメインパートです。

 

死ぬまでに絶対に読むべき漫画7選

死ぬまでに絶対に読むべき漫画7選

それでは、いよいよ「死ぬまでに絶対に読むべき漫画7選」の公開です。

 

どうぞ☟

 

 

もしかしたら「知っている、読んだことのある」漫画が含まれているかもしれませんが、とりあえず上記7点は死ぬまでに読んでおきましょう。

 

まったく知らない作品がある人もいると思うので、簡単なあらすじを含めて一つずつ紹介していきます☟

 

1.聲の形

お前なんかに出会わなきゃよかった。
もう一度、会いたい。

耳の聞こえる少年・石田将也(いしだしょうや)。
耳の聞こえない転校生・西宮硝子(にしみやしょうこ)。
ふたりは運命的な出会いをし、そして、将也は硝子をいじめた。
やがて、教室の犠牲者は硝子から将也へと移っていった。
幾年の時を経て、将也は、 もう一度、硝子に会わなければいけないと強く思うようになっていた。

【Amazon内容紹介より】

 

聲の形の西宮が転校してくるシーン

聲の形1巻より引用
©大今良時/講談社

 

これはマジでおすすめの漫画。シンプルに言うとイジメの話なのですが、相手は耳の聞こえない障害者の子をイジメる話なんですよね。正直、最初にこれを読んだときに「けっこう叩かれないか?」なんて思っていました。

 

アンチ湧きそう。。。

 

だって、障害者をイジメる話って重すぎるしモラル的に良くないですよね。でも、そんな私の心配は最後まで読むと杞憂であることがわかりました。

 

なぜならイジメの怖さや本当の友達とは?人間不信の心理とは?など、学びが多い作品だったからです。

 

本当に素晴らしい名作。そら漫画大賞取るよね。

 

人間関係についての学びが多い作品です

 

学べること

  • イジメの怖さ
  • 本当の友達とは?
  • 人間不信の思考

など。

 

さらに詳しく知りたい人は、こちらの[ネタバレ注意]漫画「聲の形」は面白いです。ついでにリアルな口コミ・評判も公開をどうぞ。

[ネタバレ注意]漫画「聲の形」は面白いです。ついでにリアルな口コミ・評判も公開
[ネタバレ注意]漫画「聲の形」は面白いです。ついでにリアルな口コミ・評判も公開

続きを見る

 

2.ばらかもん

とある島に移住生活をすることになった若きイケメン書道家・半田清舟。都会暮らししかしたことのないそのぼっちゃん先生が、
(1)トラクターで公道をドライブ
(2)自分のうちが中学生のたまり場になる
(3)知人が玄関から入ってくれない…
などの困難に立ち向かう、ほのぼのアイランドコメディ!!

【Amazon内容紹介より】

 

ばらかもんの夕日を眺めるシーン

ばらかもん1巻より引用
©ヨシノサツキ/スクウェア・エニックス

 

「ギャグ×ほのぼの」の漫画ですね。爆笑シーンも数多くあるのですが、それ以上にほのぼのするシーンも多々あります。

 

とくに、7歳の女の子・「なる」と、23歳の書道家・「半田清舟(半田先生)」の絡み。かわいいです。さらには田舎暮らしという、"ほのぼの"に大切なロケーションもそろっているので文句なしの漫画。

 

「田舎×ほのぼの」はマジで最強です。

 

また、田舎に住んでいる人の繋がりも最高。人が少ない分、みんな家族みたいに仲良しなんですよね。「田舎ってリアルもこんな感じなのかな?行ってみたいな」なんて思ってしまうこと間違いなし。

 

ちなみに半田先生はクソ頑固な人なのですが、なるの無邪気さや、素直さから徐々に素直になっていくのも面白いですし、非常に勉強になります。

 

私はこの漫画で"素直になることの大切さ"を学びました。

 

学べること

  • 素直が大事な理由
  • 田舎暮らしの良さ
  • 人間の心理の変化

など

 

さらに詳しく知りたい人は、こちらの[ネタバレ注意]漫画「ばらかもん」が面白い5つの理由[リアルな口コミ・評判も公開]をどうぞ。

[ネタバレ注意]漫画「ばらかもん」が面白い5つの理由[リアルな口コミ・評判も公開]
[ネタバレ注意]漫画「ばらかもん」が面白い5つの理由[リアルな口コミ・評判も公開]

続きを見る

 

3.バクマン

一握りの者にしか得られない栄光を手にするため、険しい“マンガ道”を歩む決意をした二人。高い画力を持つ真城最高と、文才に長ける高木秋人がコンビを組み、新たなマンガ伝説を創る! 新時代成功物語開始!!

【Amazon内容紹介より】

 

バクマンのコンビを組もうと申し込むシーン

バクマン1巻より引用
©大場つぐみ・小畑健/集英社

 

こちらは漫画家を目指すコンビの話。これを読むと夢を追いかけてみたくなります。というのも、漫画家って険しい道じゃないですか。完全に実力社会で売れなければ収入0。でも売れれば一攫千金。夢がありますよね。

 

また、ヒロインが可愛らしいお嬢様みたいな人なのですが、なんと声優を目指しているというまたもや険しい道を歩んでいる人。

 

ちなみにお嬢様の名前は亜豆美穂。漫画化を目指す真城最高と付き合っているのですが、なんとお互いの夢が叶うまで会わないという意味わからない約束をしているんですよね。

 

意味わからんが面白いからいいかな(笑)

 

そんな感じでお互い夢を追いかけるのですが、簡単に叶うものでもありません。たくさんの試練待ち受けているのですが、そんな試練を乗り越える努力の過程が見れる面白い作品で、非常に学びの多い作品になっています。

 

夢を追いかける辛さや達成感はバクマンで学びました。

 

学べること

  • 夢を追いかける辛さや達成感
  • 努力のすばらしさ
  • 漫画の知識

など

 

さらに詳しく知りたい人は、こちらの漫画「バクマン」が面白い4つの理由とリアルな口コミ・評判を大公開をどうぞ。

漫画「バクマン」が面白い4つの理由とリアルな口コミ・評判を大公開
漫画「バクマン」が面白い4つの理由とリアルな口コミ・評判を大公開

続きを見る

 

4.町田君の世界

物静かでメガネ。そんな外見とは裏腹に成績は中の下。アナログ人間で不器用。なのに運動神経は見た目どおりの町田くん。得意なことが何もないと本人は思っていますが周りからは愛されています。その理由とは…?

【Amazon内容紹介より】

 

町田くんが人から愛されるシーン

町田くんの世界1巻より引用
©安藤ゆき/集英社

 

「町田くんの世界」は一応少女漫画枠なのですが、男性でも読める面白い作品です。というより、全人類が読むべき漫画じゃね?と思うくらい素晴らしい作品です。

 

主人公の町田君はとにかく人が好きで、困っている人がいれば必ずだれでも助ける好青年男子。はっきり言って眩しすぎます。リアルでは絶対にいないですねこんな優しい人。

 

「誰でも優しくする、助ける」意外と居そうですが、リアルは醜くそんな人はマジでいないです。

 

町田君は人が好きというよりかは、「人を愛している」といった方が適切な表現かもしれません。そんな誰にでも優しい町田くんの周りにはいつもたくさんの人がいて、町田君が困っていればみんな助けてくれます。

 

人を愛し、助けた結果、周りの人も同じように恩を返してくれるのですが、これはリアルでもあると思うんですよね。きっとみんなが優しく助け合いの精神をもてばもっとストレスのない社会になりそう。

 

人に対する優しさの大切さは町田くんの世界で学びました。

 

学べること

  • 優しさ・愛情・恋とは?

など。

 

さらに詳しく知りたい人は、こちらの[ネタバレ注意]漫画「町田くんの世界」が面白い3つの理由。リアルすぎる口コミ・評判も公開どうぞ。

[ネタバレ注意]漫画「町田くんの世界」が面白い3つの理由。リアルすぎる口コミ・評判も公開
[ネタバレ注意]漫画「町田くんの世界」が面白い3つの理由。リアルすぎる口コミ・評判も公開

続きを見る

 

5.All You Need Is Kill

人類は今、かつてない戦争をしている。敵は「ギタイ」と呼ばれる化物。ジャパンの南方、コトイウシ島で繰り返される戦闘。初年兵であるキリヤ・ケイジと戦場の牝犬と呼ばれるリタ・ヴラタスキは、まだ見ぬ明日を求める戦いに身を投じていく――。

【Amazon内容紹介より】

 

オールユーニードイズキルの主人公が2回死んだことを悟るシーン

All You Need Is Kill1巻より引用
©桜坂洋・小畑健・安部吉俊・竹内良輔/集英社

 

こちらはガチガチの戦闘漫画かと思いきや、戦闘×タイムループという絶対に売れる話を盛り込んだ作品です。タイムループ系ってみんな大好きだし、絶対売れますよね。

 

この作品はどうなればタイムループするのかというと、「死ねば、戻る」という地獄な話です(笑)

 

死ぬ恐怖を何度も味わうのは勘弁したいですよね。。。

 

ちなみに主人公のキリヤ・ケイジは100回以上死にます。地獄すぎて逆に殺してくれって感じですね(笑)

 

そんなタイムループを抜け出す方法は当然あるのですが、ネタバレになるので続きは漫画を読んでください。全2巻なのですぐに読み終わりますよ。(タイムループを抜け出すヒント:大切なものを捨てること)

 

私はAll You Need Is Killで大切なものを捨てる勇気を学びました。

 

学べること

  • 大切な物を捨てる勇気とは?
  • 本物の絶望

など。

 

さらに詳しく知りたい人は、こちらの[ネタバレ注意]漫画「All You Need is Kill」は面白い?リアルな口コミ・評判を調査したどうぞ。

[ネタバレ注意]漫画「All You Need is Kill」は面白い?リアルな口コミ・評判を調査した
[ネタバレ注意]漫画「All You Need is Kill」は面白い?リアルな口コミ・評判を調査した

続きを見る

 

6.僕だけがいない街

毎日を懊悩して暮らす青年漫画家の藤沼。ただ彼には、彼にしか起きない特別な症状を持ち合わせていた。それは…時間が巻き戻るということ! この現象、藤沼にもたらすものは輝く未来? それとも…。

【Amazon内容紹介より】

 

僕だけがいない街のタイムスリップするシーン

僕だけがいない街1巻より引用
©三部けい/KADOKAWA

 

こちらはサスペンス×タイムループの話。はい出ましたタイムループ。絶対に売れるワードです。実際売れてました。

 

29歳の漫画家の主人公・藤沼悟が、母親の死をきっかけに小学校5年生に戻ります。そこは連続女児殺害事件が起き、未解決事件に終わってしまった悲しい殺人事件が起きた時代です。

 

一気に20年近くも前に、記憶を引き継いだまま戻ります。

 

そこで藤沼悟はある真相にたどり着きます。「母親を殺した犯人と連続女児殺人事件の犯人は一緒では?」と。。。

 

そこから事件解決をするべく、当時の友達も加わって推理していく話がアホほど面白いんですよね。その推理の過程で、「友達・親とはどういう存在か?」学ぶことができる超名作です。

 

ぶっちゃけ読んでいないあなたは人生損してます。今すぐ読みましょう。

 

私は「僕だけがいない街」で、友達・親とはどういう存在なのかを学ぶことができました。

 

学べること

  • 友達、親とはどういう存在か?
  • 友達の大切さ
  • 親の大切さ

など。

 

さらに詳しく知りたい人は、こちらの[ネタバレ注意]漫画「僕だけがいない街」は面白い?リアルな口コミ・評判は?どうぞ。

ネタバレ注意]漫画「僕だけがいない街」は面白い?リアルな口コミ・評判は?
[ネタバレ注意]漫画「僕だけがいない街」は面白い?リアルな口コミ・評判は?

続きを見る

 

7.1/11(じゅういちぶんのいち)

自分の才能に限界を感じ、中学卒業と共にサッカーを辞めた安藤ソラ。しかし、女子日本代表・若宮四季との出会いが、心の奥底に眠っていた何かを衝き動かした――。清新な筆致で描かれる、ソラを巡る様々な人間模様――

【Amazon内容紹介より】

 

じゅういちぶんのいちのツヨシとサッカーをするシーン

1/11(じゅういちぶんのいち)1巻より引用
©中村尚儁/集英社

 

この漫画の話は全て繋がっていますが、時系列がばらばらに話が進んでいく1話完結漫画です。一応サッカー漫画ですが、ガチのサッカーの話ではないので誰でも読めます。

 

どちらかと言うと感動系の作品で、涙腺が持っていかれる話も多々ありますね。

 

私はけっこういろんな話で泣きましたね。。。

 

主人公・安藤ソラの努力を積み上げていく姿や、サブの脇役の話が非常に良くて、これを読めば毎日”がんばろう”という風に元気をもらえること間違いないでしょう。

 

特に安藤ソラの「積み上げてきた物の過程」なんかは人生において非常に大切で、最終的に得られる価値は絶対に理解しておきたいことです。

 

私は「積み上げてきた物の過程」を1/11(じゅういちぶんのいち)で学び、「積み上げてきた物の価値」を理解しました。

 

学べること

  • 積み上げてきた物の価値とは何か?
  • まっすぐ生きる難しさ
  • 人それぞれ考え方は自由ということについて

 

さらに詳しく知りたい人は、こちらの[ネタバレ注意]漫画「1/11(じゅういちぶんのいち)」が面白い3つの理由と、リアルな口コミ・評判を公開どうぞ。

[ネタバレ注意]漫画「1/11(じゅういちぶんのいち)」が面白い3つの理由と、リアルな口コミ・評判を公開
[ネタバレ注意]漫画「1/11(じゅういちぶんのいち)」が面白い3つの理由と、リアルな口コミ・評判を公開

続きを見る

 

まとめ:死ぬまでに絶対に読むべき漫画7選

まとめ:死ぬまでに絶対に読むべき漫画7選

以上、「死ぬまでに絶対に読むべき漫画7選」でした。

 

今回ご紹介しました7つの作品は、いずれも人生において非常に大切なことを学ぶことができます。

 

読んだことのない作品があるなら、是非読んでください。最後に7つの作品をもう一度まとめておきます☟

 

また、漫画を読むなら電子書籍がおすすめです。これからの時代、残念ながら紙は衰退していきますし、圧倒的に電子書籍の方が安く漫画を購入できます

 

電子書籍でどこを選べば良いかわからない方は、下記の記事を参考にすると良いですよ☟

人気記事[最新版]電子書籍サイト12社を徹底比較「厳選3社+用途別のおすすめサイト」

[最新版]電子書籍ストア12社を徹底比較「厳選3社+用途別のおすすめストア」
[最新版]電子書籍ストア12社を徹底比較「厳選3社+用途別のおすすめストア」

続きを見る

 

それでは今日はこのへんで。グッバーイ

 


-漫画

© 2020 暇つぶし漫画ブログ Powered by AFFINGER5