【リエゾン】漫画は何巻まで?全巻値段(単行本)はいくら?安く買うなら電子書籍です!

【リエゾン】漫画は何巻まで?全巻値段(単行本)はいくら?安く買うなら電子書籍です!

リエゾン ーこどものこころ診療所ーって、何巻まで発売されてる?買うならいくら必要なんだろう?

このような疑問にお答えします。

本記事の内容

  • リエゾン ーこどものこころ診療所ーの発売巻数を公開
  • リエゾン ーこどものこころ診療所ーの全巻値段を公開
  • リエゾン ーこどものこころ診療所ーの作品紹介

近年、子供だけでなく大人でも多くの人が悩まされているという発達障害。 

「リエゾン ーこどものこころ診療所ー」は自身も発達障害の診断を受けた研修医が研修先の児童精神科で院長たちと共に、発達障害を含む色々な問題を抱えて病院を訪れる親子たちと向き合っていくお話です。

今回はそんな「リエゾン ーこどものこころ診療所ー」の漫画が何巻まで発売されているのか?値段はいくらなのか?を解説します。

【リエゾン ーこどものこころ診療所ー】漫画は何巻まで?結論、9巻まで!

  • 作者:原作 竹村優作、漫画 ヨンチャン
  • 出版社:講談社
  • 雑誌:モーニング
  • 巻数:9巻

2022年8月時点でリエゾン ーこどものこころ診療所ーは9巻まで発売しており、現在も連載中です。

尚、次の10巻は2022年9月22日に発売予定です。

【リエゾン ーこどものこころ診療所ー】漫画の全巻値段(単行本)はいくら?結論、電子書籍が安い!

巻数紙版(税込値段)電子版(税込値段)
1巻704円671円
2巻704円671円
3巻704円671円
4巻715円682円
5巻715円682円
6巻715円682円
7巻726円682円
8巻726円693円
9巻726円693円
全巻値段6,435円6,127円

「リエゾン ーこどものこころ診療所ー」の1冊当たりの値段を、紙版と電子書籍版でそれぞれ調査して上記にまとめました。(※紙版はAmazon。電子書籍版はコミックシーモアを参考にしています)

中古で「リエゾン」を購入する場合は下記のとおりです。(※価格は状態や時期によって大きく異なるため、参考としてください)

中古サイト中古値段
ブックオフオンライン5,951円(一部新品も含む)
ネットオフ5,034円
メルカリ7,000円程度

新品・電子書籍と中古価格は約1000円ほどの差しかありませんので、劣化状況を考えると新品or電子書籍で購入する方がいいでしょう。

そして、とにかく安く購入したいなら電子書籍です。基本的に日常的にセール・キャンペーンを開催しており、例えばコミックシーモアならクーポン配布もかなり多いです。

なので、「リエゾン」を購入するなら格安で購入できる電子書籍が一番おすすめですよ。

尚、おすすめの電子書籍ストアは下記の記事でまとめているのでどうぞご覧ください。

【リエゾン ーこどものこころ診療所ー】あらすじ・感想

最後に、「リエゾン ーこどものこころ診療所ー」の作品紹介として、下記の順でまとめます。

  • 全巻あらすじ
  • 読んだ人の感想

まずは各巻のあらすじをどうぞ。

【リエゾン】全巻あらすじ・ネタバレ

さっそく第1巻のあらすじ・ネタバレを見ていきましょう。

【第1巻】あらすじ・ネタバレ

現代日本の痛みを描く医療漫画の新機軸! この児童精神科医は、発達障害を凸凹と呼ぶ。あなたの凸凹にハマる生き方が必ずある。/日本で発達障害と診断されている人はおよそ48万人。そして、子どもの10人に1人は、何らかの障害を抱えているとされる現代。人知れず学校や家庭でトラブルを抱え、孤独や苦痛に耐えながら生きる人たちがいる。児童精神科医は、そんな親と子に向き合い続ける。第1巻は「でこぼこ研修医のカルテ」「金の卵」「学校に行けない子ども」の3編を収録。

【第2巻】あらすじ・ネタバレ

現代日本の痛みを描く医療漫画の新機軸! この児童精神科医は、発達障害を凸凹と呼ぶ。あなたの凸凹にハマる生き方が必ずある。/日本で発達障害と診断されている人はおよそ48万人。そして、子どもの10人に1人は、何らかの障害を抱えているとされる現代。人知れず学校や家庭でトラブルを抱え、孤独や苦痛に耐えながら生きる人たちがいる。児童精神科医は、そんな親と子に向き合い続ける。第2巻は「虐待の連鎖」「志保の告知」「お受験ママと子ども」の3編を収録。

【第3巻】あらすじ・ネタバレ

子どもの10人に1人は、何らかの障害を抱えているとされる現代。親は我が子の成長を喜ぶ一方で、育てる難しさを感じ、一つの疑問とともに佐山クリニックを訪れる。――この子は発達障害ではないか? 相当な不安と覚悟を持つ親に児童精神科医が掛けるべき言葉とは何か。そして、謎に包まれていた佐山の過去が徐々に明かされる。”告知”と向き合う家族を描いた「療育」編、私立小学校を受験する幼児の心の叫びを描いた「お受験」編ほかを収録。

【第4巻】あらすじ・ネタバレ

子どもの10人に1人は、何らかの障害を抱えているとされる現代。佐山クリニックの受付係・市川渚は、児童自立支援施設から一時帰宅中で、隣室に暮らす少年・阿形俊彦を気に掛ける。非行に走った俊彦は複雑な家庭環境で育ち、ある問題を抱えていた。そして、佐山クリニックでは、研修医・遠野志保が、佐山卓から、児童精神科医として診察の心構えについて、指導を受ける。限られた診察時間の中で、志保はわが子の成長に疑問を持つ母子とどう向き合うべきなのか――現代の不良と障害の複雑な関係を描いた「非行少年」編、心の病と精神科を取り巻く現状について描いた「病院選び」編ほかを収録。

【第5巻】あらすじ・ネタバレ

子どもの10人に1人は、何らかの障害を抱えているとされる現代。家族を失った悲しみに、人はどう向き合い、乗り越えるのか。佐山は自らの過去を明かし、患者に寄り添っていく。鍵になるのは、言葉にならない本当の気持ち。第5巻は「ステップファミリー」「グリーフケア」「完璧なダイエット」の3編を収録。

【第6巻】あらすじ・ネタバレ

子どもの10人に1人は、何らかの障害を抱えているとされる現代。摂食障害、不登校、性自認――。突然の事態に直面し、わが子に向けていた愛情が、親の心を蝕むものに変わっていく。児童精神科医が示すのは、干渉と信頼のバランス、親と子の適切な距離感。第6巻は「完璧なダイエット」「カサンドラ」「夜間託児所」の3編を収録。

【第7巻】あらすじ・ネタバレ

大人が担うべき家事や家族の世話を日常的に行なう子どもたち(ヤングケアラー)。家族を想う純粋な気持ちが自身の将来を閉ざしてしまうことに、彼らは気づかないでいる。スクールカウンセラーでもある心理士の向山は、自身の経験から、子どもたちに決して人生を諦めさせない。

【第8巻】あらすじ・ネタバレ

子どもに手を上げてしまう。子どもを見守ることができない。子どものためと言いながら、親はどこから一線を越えるのか。社会はどうすれば、彼らと繋がることができるのか。児童精神科医が問うのは、親が示すべき愛情の形。第8巻は「虐待と通告」「母子登校」「希死念慮」の3編を収録。

【第9巻】あらすじ・ネタバレ

身近な人に本音が言えない。苦しさを抱え込みながら、「大丈夫」と言ってしまう。死にたい気持ちに囚われる妹、人知れず涙をこぼす妻を前にして、家族はどう応えるべきか。児童精神科医は「頼る勇気」と「受け止める力」をそっと引き出す。第9巻は「希死念慮」「産後うつ」「子どもの性教育」の3編を収録。

【リエゾン】読んだ人の感想

家族内の問題について、発達について、わかりやすく描かれている。子育て中のママやパパなどにぜひ読んでもらいたい!

診療所からの視点だけでなく、読み進めるごとに、子どもたちとその保護者、教員やスクールカウンセラー、支援施設や児童相談所の視点で話が進んでいきます。深刻な内容や絵も多いですが、その分読み終わったあとに、いろいろ考えされられる作品になってます。

友達の子どもがADHDって聞かされた時にフォローのつもりで言ってた言葉が逆に相手を傷つけていたかもしれないってこの本を読んでいて気付かされました…。また、我が子が小さい頃になかなか勉強出来ないのを叱っていた事も今更ながらに反省しています。子どものペースにしっかり合わせてあげれば良かったなぁ。将来より今困っている事を親が助けないといけないなぁと気付かされました。

まとめ:リエゾン ーこどものこころ診療所ーの発売巻数・全巻値段まとめ

本記事では、「リエゾン ーこどものこころ診療所ー」の発売巻数と全巻値段についてまとめました。

格安で購入するなら電子書籍が一番なので、「リエゾン」を読みたい人は、下記の記事で最新のおすすめ電子書籍ストアをご確認ください。

-漫画全巻値段