【進撃の巨人】漫画は何巻まで?全巻値段(単行本)はいくら?安く買うなら電子書籍です!

【進撃の巨人】漫画は何巻まで?全巻値段(単行本)はいくら?安く買うなら電子書籍です!

進撃の巨人って、何巻まで発売されてる?買うならいくら必要なんだろう?

このような疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 進撃の巨人の発売巻数を公開
  • 進撃の巨人の全巻値段を公開
  • 進撃の巨人の作品紹介

2009年から連載を開始して以来、非常に高い人気を誇る「進撃の巨人」。2013年から始まったアニメはシリーズ4作品まで続く程の反響を呼びました。

今回はそんな「進撃の巨人」の漫画が何巻まで発売されているのか?値段はいくらなのか?公開します。

また、記事の後半では「進撃の巨人」を安く買う方法も解説します。

進撃の巨人の発売巻数・全巻値段などを知りたい人はぜひ最後までご覧ください。

  • 本記事の執筆者

kazuki

【電子書籍にハマること6年以上】 電子書籍ストア・漫画アプリを10個以上利用中 | おすすめの電子書籍ストア・漫画アプリや格安で漫画を購入する方法を、実際に利用中の私が誰よりもわかりやすく解説します。

【進撃の巨人】漫画は何巻まで?結論、34巻まで!

  • 作者:諌山創
  • 出版社:講談社
  • 雑誌:別冊少年マガジン
  • 巻数:34巻

「進撃の巨人」は2022年8月時点で34巻まで発売されており、完結しています。

世界的に人気な漫画だけあって、最後はかなりの盛り上がりを見せました。日本漫画の歴史に刻まれる名作といえるでしょう。

【進撃の巨人】漫画の全巻値段(単行本)はいくら?結論、電子書籍が安い!

巻数紙版(税込値段)電子版(税込値段)
1巻495円462円
2巻495円 462円
3巻495円462円
4巻495円462円
5巻495円 462円
6巻495円462円
7巻495円462円
8巻495円462円
9巻495円462円
10巻495円462円
11巻495円462円
12巻495円462円
13巻495円462円
14巻495円462円
15巻495円462円
16巻495円462円
17巻495円462円
18巻495円462円
19巻495円462円
20巻495円462円
21巻495円462円
22巻495円462円
23巻495円462円
24巻495円462円
25巻495円462円
26巻495円462円
27巻495円462円
28巻495円462円
29巻495円462円
30巻495円462円
31巻495円462円
32巻495円462円
33巻495円462円
34巻495円550円
全巻値段16335円15796円

「進撃の巨人」の1冊当たりの値段を、紙版と電子書籍版でそれぞれ調査して上記にまとめました。

基本的に「進撃の巨人」に限らず、漫画の値段は電子書籍の方が安いので、購入するなら絶対に電子書籍。

また、電子書籍ならクーポンでさらに安く買えるのも大きな特徴です。

今ならコミックシーモアで70%OFFクーポン配布中(※1冊限定)なので、「進撃の巨人」を安く買いたい人は下記の公式サイトでクーポンをGETしましょう。

\70%OFFクーポン配布/

コミックシーモアはこちら

漫画が安く買える!!

尚、電子書籍で「進撃の巨人」を全巻格安で購入する方法は、こちらの【全巻割引】進撃の巨人は電子書籍の全巻まとめ買いが安い!【値段はいくら?おすすめレンタル・読み放題サービスも解説】で詳しく解説します。

【進撃の巨人】作品紹介

最後に、「進撃の巨人」の作品紹介です。

どんな作品か知りたい人はどうぞご覧ください。

【進撃の巨人】全巻あらすじ

まずは「進撃の巨人」の全巻あらすじをまとめます。

第1巻からどうぞ。

【第1巻】あらすじ・ネタバレ

手足をもがれ、餌と成り果てようと、人類は巨人に挑む!! 巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の戦いが始まってしまう。――震える手で、それでもあなたはページを捲る。超大作アクション誕生!これが21世紀の王道少年漫画だ!!

【第2巻】あらすじ・ネタバレ

夢も希望も許されない。人類は巨人に勝てない!? ――巨人が支配する世界。まだ見ぬ壁外の世界に憧れるエレンは訓練兵となり、仲間と共に巨人に対抗する技を磨く。だが外壁を超える大巨人の出現により、無数の巨人が壁の中に侵入。親友であるアルミンを助けようとするエレンだったが、代わりに自らが巨人に食われてしまう!!その事実をまだ知らずに、前衛隊に合流したミカサが見た光景は……? 理不尽なほどに残酷な世界に希望はあるのか!?

【第3巻】あらすじ・ネタバレ

「捕食者・巨人」VS.「餌・人類」。絶望の戦いが始まる!! ――大巨人の出現により壁が崩壊し、無数の巨人が壁の中に侵入する。ミカサは次々に巨人を倒すがエレンの死の知らせに動揺し、危機に陥ってしまう。そこへ巨人を襲う謎の巨人が登場し、ミカサの窮地を救う。だが、食べられたはずのエレンが謎の巨人の中から発見されたことによって、兵団員の内部に恐怖と疑念が生じて……!?エレンと謎の巨人を結びつける秘密とは?

【第4巻】あらすじ・ネタバレ

巨人がすべてを支配する世界――。ウォール・ローゼの外壁に空いた穴を修復するため「巨人化したエレンが巨大な岩で穴を塞ぐ」という作戦が開始される。人類の存亡を懸け巨人化したエレンだったが、自我を失い暴走してしまう。エレンはアルミンの必死の問いかけにも反応せず……。

【第5巻】あらすじ・ネタバレ

目を覆い、それでも恐怖があふれ出る……。――巨人化したエレンの活躍により、人類はウォール・ローゼのトロスト区奪還に成功する。成功と同時に意識を失ったエレンが目を覚ますと、そこには調査兵団団長、エルヴィン・スミスの姿が。エルヴィンは巨人の謎が眠るとされるエレンの生家への調査を決意。そのためにはエレンの力が必要だと言うが……。第35回講談社漫画賞少年部門受賞!

【第6巻】あらすじ・ネタバレ

エレンの生家に眠る「巨人の謎」を求め、壁外調査に乗り出した調査兵団。そこにはアルミンやミカサらの姿も。順調かと思われた道中、突如としてアルミンの前に「女型の巨人」が現れて陣形を破壊し……。

【第7巻】あらすじ・ネタバレ

エレンの生家に眠る「巨人の謎」を求め、壁外調査に乗り出した調査兵団。その前に知性を持った「女型の巨人」が現れた。兵団壊滅の危機に陥りながらも「女型の巨人」を捕らえたエルヴィンは、女型の正体に迫る……。

【第8巻】あらすじ・ネタバレ

リヴァイ班の仲間を殺されたエレンは「女型の巨人」との戦いに挑むが敗北。駆けつけたミカサとリヴァイにより救出されるが、「女型の巨人」の捕獲には失敗してしまう。壁外調査の失敗と共に、エレンらの王都招集が決まり……。エレン達に打開の術は!?

【第9巻】あらすじ・ネタバレ

ついに「女型の巨人」の捕獲に成功したエレン達。だが、時を同じくして壁の中に眠る「新たなる謎」と直面する。そして混乱の中、ウォール・ローゼが破壊されたとの急報が届き……。襲来する巨人の群れ!新たなる脅威「獣の巨人」!丸腰の104期兵に危機が迫る!!

【第10巻】あらすじ・ネタバレ

巨人が活動できないはずの夜を狙って、ウォール・ローゼの調査にでかけたコニーやユミルたち104期兵。打ち捨てられた城・ウトガルド城で休憩しているところを、まだ夜中にも関わらず現れた巨人に襲撃されてしまう! さらに104期兵の中に、驚くべき出自を持つものがいることが発覚して……。ありえないことばかりが起こり続ける、急展開に次ぐ急展開! 

【第11巻】あらすじ・ネタバレ

ウォール・ローゼ付近に突如現れた巨人の群れ。ユミルの活躍、エレンらの救援により104期の面々は巨人の撃退に成功する。だが休息も束の間、超大型巨人と鎧の巨人の正体が発覚し……!! 怒りに震えるエレンは巨人と化し、因縁の巨人達に牙をむく!

【第12巻】あらすじ・ネタバレ

超大型巨人と鎧の巨人の正体が発覚。エレンとユミルは、彼らに連れ去られてしまう。二人を奪還すべく調査兵団が動き始めるが、エレンとユミルの間に亀裂が走る。巨人の謎を知るユミルが取った行動は…!?

【第13巻】あらすじ・ネタバレ

エレン、ユミルを「故郷」に連れ帰ろうとするライナーとベルトルト。 調査兵団は決死の突撃によりエレンを奪還する。だがその代償は大きく、さらにユミルがライナーの元に残る決断をし……。

【第14巻】あらすじ・ネタバレ

王の命を受けた中央憲兵により、ニック司祭が殺される。その目的は調査兵団の現状把握とエレン、クリスタの居場所特定だった。身柄を狙われることになったエレンとクリスタ。暴走する王に対し、調査兵団はついに王政打倒を決意する……!!

【第15巻】あらすじ・ネタバレ

中央憲兵への取り調べにより、レイス家が本物の王家であることが判明。調査兵団は王政を打倒しクリスタ(ヒストリア・レイス)を女王に即位させようと動くが、中央憲兵の「対人制圧部隊」によりクリスタとエレンを奪われてしまう!

【第16巻】あらすじ・ネタバレ

中央憲兵により汚名を着せられた調査兵団だったが、全兵団の協力を得て王政打倒に成功する。残すは真の王家としてヒストリアを女王に即位させるのみ。リヴァイらは、さらわれたヒストリアとエレンの居場所をつかむが……。

【第17巻】あらすじ・ネタバレ

真の王・レイス家が代々継承する巨人の力は、グリシャによりエレンに渡った。ヒストリアは父であるロッド・レイスにエレン殺害を命じられるが、最後は自分の道を選ぶ。そして怒りのままに最大の巨人と化したロッド・レイスが、エレンらに襲い掛かり……!オルブド区外壁にて人類の命運を懸けた一戦が勃発!!

【第18巻】あらすじ・ネタバレ

王政を打倒し、旧体制派を一掃した調査兵団。新たに手に入れた光る鉱石とエレンの硬質化能力によりウォール・マリア奪還作戦への準備を着々と進める。一方、ライナーとベルトルトは獣の巨人と共に迎撃態勢を整え……!!そして決戦前夜、シャーディスが語るエレンの父・グリシャとの出逢い、そして「845年のあの日」の真実とは!?

【第19巻】あらすじ・ネタバレ

巨人に対する真の勝利を獲得すべく、調査兵団はウォール・マリア奪還最終作戦を決行する。作戦の内容はウォール・マリアのシガンシナ区に空いた穴を、エレンの硬質化能力によって塞ぐというもの。そして、ウォール・マリア内にあるエレンの生家の地下室に眠る「真実」を目指す。だが、そこには「獣の巨人」たちが待ち構えていた!巨人と調査兵団。最終決戦が、いま始まる。

【第20巻】あらすじ・ネタバレ

エレンの生家の地下室に眠る「真実」を手に入れるため、ウォール・マリア奪還最終作戦を決行した調査兵団。しかし、その行く手にはライナー、ベルトルト、そして「獣の巨人」らが待ち構えていた。絶望的な戦況。情報、戦力、作戦。何もかもが、足りない。多くの犠牲を出す最中、作戦を指揮するエルヴィンが下した決断とは――?かつての仲間達との戦いに勝利し、エレン達は「真実」を手にすることができるのか!

【第21巻】あらすじ・ネタバレ

過熱する、調査兵団とライナー、ベルトルト、「獣の巨人」の戦い。作戦は通用せず、調査兵団は苦境に立たされる。そんな中、エルヴィンとアルミンは自らの命を懸け、リヴァイとエレンに敵を討たせることを決意。犠牲と引き換えに、残った者達が手にするものは……!?

【第22巻】あらすじ・ネタバレ

ライナー、ベルトルト、「獣の巨人」との戦いの末、多大な犠牲を払いながらもエレンの生家へ辿り着いた調査兵団。その地下室にて、彼らはグリシャが残した3冊の本を手にする。その本に記されていたのは、グリシャの幼き日の記憶。そして、およそ1800年前、一人の少女が巨人の力を手にしたことから始まる二つの民族の暗黒の歴史。明かされたグリシャの過去と突きつけられた世界の真実を前に、エレンら調査兵団の進む道は…。

【第23巻】あらすじ・ネタバレ

「獣の巨人」達との戦いの末、地下室に辿り着いたエレン達。そこで彼らは、グリシャの遺した本と記憶により、グリシャの生い立ちや壁内にやってきた真の目的を知る。そこから明らかになったのは、エレン達が相手にしているのは、これまで戦ってきた巨人よりもさらに巨大な「世界」そのものだという事実。壁の向こうに自由が無いこと、海の向こうには敵が待ち受けていることを知ったエレン達の行く末は……。

【第24巻】あらすじ・ネタバレ

エレンらの住むパラディ島の外には、他の人間が住む世界が広がっていた。その中の一国「マーレ」は諸外国との戦争中。苦戦を強いられる中、彼らはパラディ島に攻め入り「始祖の巨人」を手に入れる決意を新たにする。ここにもまた、必死に生きる子供たちの姿があった・・・・・・。

【第25巻】あらすじ・ネタバレ

エレンらの住むパラディ島を長年にわたって脅かし続けたマーレ。そこには祖国を守るため、自分達の人権を守るために日々奮闘する者達がいた。彼らは自らの存在価値を示すため、パラディ島への「宣戦布告」を準備するがそこに現れたのは・・・・・・。

【第26巻】あらすじ・ネタバレ

全世界に対してパラディ島の脅威を説くマーレ。そこに現れたのは「平和への反逆者」エレン・イェーガーだった。エレンはマーレの人々をなぎ倒し、軍への大打撃を目論む。エレンと「戦鎚の巨人」の戦いは過熱、そして集結した両国の最大戦力がぶつかり合い・・・・・・。

【第27巻】あらすじ・ネタバレ

マーレに潜入し、大打撃をもたらしたエレン。その目的はジークをエルディアへ連れ帰ることだった。王家の血を引くジークを迎え入れたことで、全世界に対抗する力「地鳴らし」の発動条件を手に入れたエレン達。だがそれは同時に、全面戦争へのカウントダウン開始の合図でもあった・・・・・・。

【第28巻】あらすじ・ネタバレ

王家の血を引くジークを迎え入れ「地鳴らし」の発動条件を手に入れたエレン達。だが兵団は、エレンがジークに操られていた場合の危機を考慮し、二人を引き合わせることに躊躇。そしてマーレからの義勇兵を拘束してしまう。その事態に一部の兵士や民衆が不満を溜める中、ついにエレンが単独行動を起こす。

【第29巻】あらすじ・ネタバレ

巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の闘いが始まってしまう。「地鳴らし」を発動させるべく、ついに兵団に刃を向けた「イェーガー派」。彼らはザックレー総統を殺害し、兵団の要人を拘束。ジークのもとへ向かう。一方ジークを見張るリヴァイは、死闘の末に再びジークを捕らえる。そこで明かされるジークの真の計画とは……。

【第30巻】あらすじ・ネタバレ

巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の闘いが始まってしまう。ジークがエレンに託した計画、それはエルディア人すべてを安楽死させるものだった。計画の鍵を握るのは始祖の巨人の力を持つエレンと、王家の血を引く巨人であるジークの接触。リヴァイら調査兵団による包囲網を突破し、ジークは自由の身となるが、そこにマーレ軍が現れる。エレンとジークの接触は果たされるのか……。

【第31巻】あらすじ・ネタバレ

巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の闘いが始まってしまう。ジークがエレンに託した、エルディア人の安楽死計画。二人は包囲網を突破し、計画の鍵となる接触を果たす。だが、エレンの真の計画はジークを裏切り「地鳴らしによって世界を滅ぼすこと」であった。始祖ユミルの力を巡る二人の争いはエレンの勝利に終わり、遂に無数の超大型巨人達による大行進が始まってしまう……。

【第32巻】あらすじ・ネタバレ

「始祖の巨人」の力を掌握したエレンは生まれ育ったパラディ島の平和のため、島外の人類を根絶やしにすることを決意する。そして行進を開始したエレンと巨人の大群。彼らは救世主なのか悪魔なのか。結論は出ないまま、ミカサやアルミン達は世界を助けるために動き始めた・・・・・・。

【第33巻】あらすじ・ネタバレ

巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の闘いが始まってしまう。パラディ島以外すべての土地を踏み潰すべく「地鳴らし」による進行を続けるエレン。ミカサやアルミン達は空からエレンを追いかけるため飛行艇整備が可能なオディハを目指す。だがその代償としてアニ、ライナーらの家族が住む「レベリオ」を諦めることになり・・・・・。

【第34巻】あらすじ・ネタバレ

巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の闘いが始まってしまう。パラディ島以外の土地を踏み潰し、次々と命を奪っていく「地鳴らし」。一方、エレンの攻撃目標地点を見定めたアルミンやミカサ達。敵、味方、かつての仲間、数多の命を失いながらもついにエレンに追いつくが……。

【進撃の巨人】読んだ人の感想

斬新なストーリーと展開にとても引き込まれます。主人公周辺の人間にはそれぞれ役割が段々と明確になっていき、全員ストーリーに欠かせない人物になっていくのも面白い。

有名な漫画ながらもなかなか手を出せずでしたが、完結後ようやく読みました。こんな素晴らしい作品を何年も知らなかった自分に後悔しかない。 長編だからこその伏線がすごくて何度も確認のために見返したくなる。この非現実ながら深い物語を生み出した先生に感謝です。

一回読むだけでは物足りない! 何回も読んでこそ、物語の深みを感じる作品。あまりマンガを購入することは無かったが、何度も読み直したいと思い購入を決めた。何度も読み返しては、はりめぐされた伏線に気付き感動。伏線の無いページは逆にあるのか?と思うほど。伏線を見逃すまいと、1ページ読むのに相当な時間をかけてしまう。

【進撃の巨人】アニメは漫画何巻まで?

2019年7月5日より放送が開始したアニメ「進撃の巨人」は、第1クールで漫画の第1巻~8巻まで。第2クールは、2021年1月14日より放送が開始され、漫画の9~12巻までが放送されました。

第3クールのPart1は、2018年7月22日より放送が開始され、漫画の13巻~18巻72話までが放送され、Part2は2019年4月28日より漫画の18巻73話~22巻までが放送されました。

続く第4クールは2020年12月6日より放送が開始され、漫画の23巻~29巻までを放送。第5クールは、2022年1月9日(日)より漫画の29巻~32巻87話までが放送されました。

最終第6クールは、2023年の春に放送予定です。

作品名進撃の巨人
放送日第1クール:2013年4月6日(土)~9月28日(土)
第2クール:2017年4月1日(土)~6月17日(土)
第3クール:Part1:2018年7月22日(日)~10月14日(日)
第3クール:Part 2:2019年4月28日(日)~7月1日(日)
第4クール:2020年12月6日(日)~3月28日(日)
第5クール:2022年1月9日(日)~4月3日(日)
第6クール:2023年~
声優エレン・イェーガー:梶裕貴
ミカサ・アッカーマン:石川由依
アルミン・アルレルト:井上麻里奈
ジャン・キルシュタイン:谷山紀章
アニ・レオンハート:嶋村侑
サシャ・ブラウス:小林ゆう
クリスタ・レンズ:三上枝織
コニー・スプリンガー:下野紘
ライナー・ブラウン:細谷佳正
ベルトルト・フーバー:橋詰知久
ユミル:藤田咲
リヴァイ:神谷浩史
エルヴィン・スミス:小野大輔
ハンジ・ゾエ:朴璐美
ハンネス:藤原啓治
スタッフ原作:諫山 創(別冊少年マガジン連載/講談社)
監督:肥塚正史
シリーズ構成:小林靖子
キャラクターデザイン:浅野恭司
総作画監督:浅野恭司、門脇聡、山田歩
助監督:田中洋之
アクション作画監督:江原康之、今井有文、胡拓磨
美術設定:谷内優穂
巨人設定:千葉崇明
プロップデザイン:胡拓磨
色彩設計:橋本賢
美術監督:吉原俊一郎
3DCG監督:籔田修平
撮影監督:山田和弘
編集:肥田文
音響監督:三間雅文
音楽:澤野弘之
音響効果:倉橋静男、山谷尚人
音響制作:テクノサウンド
アニメーション制作:WIT STUDIO
主題歌OP1:「紅蓮の弓矢」Linked Horizon
OP2:「自由の翼」Linked Horizon
ED1:「美しき残酷な世界」日笠陽子
ED2:「great escape」cinema staff
OP3:「心臓を捧げよ!」Linked Horizon
ED3:「夕暮れの鳥」神聖かまってちゃん
OP4:「Red Swan」YOSHIKI feat. HYDE
OP5:「憧憬と屍の道」Linked Horizon
ED4:「暁の鎮魂歌」Linked Horizon
ED5:「Name of Love」cinema staff
OP6:「僕の戦争」神聖かまってちゃん
ED6:「衝撃」安藤裕子
OP7:「The Rumbling」SiM
ED7:「悪魔の子」ヒグチアイ

まとめ:進撃の巨人の発売巻数・全巻値段まとめ

本記事では、「進撃の巨人」の発売巻数と全巻値段についてまとめました。

結論、2022年8月時点では34巻まで発売されており、購入するならクーポンで安く買える電子書籍がおすすめです。

今なら下記リンクから無料で登録することで70%OFFクーポンをGETできますよ。

\70%OFFクーポン配布/

コミックシーモアはこちら

漫画が安く買え

-漫画全巻値段