【東京喰種】漫画は何巻まで?全巻値段(単行本)はいくら?安く買うなら電子書籍です!

【東京喰種】漫画は何巻まで?全巻値段(単行本)はいくら?安く買うなら電子書籍です!

東京喰種って、何巻まで発売されてる?買うならいくら必要なんだろう?

このような疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 東京喰種の発売巻数を公開
  • 東京喰種の全巻値段を公開
  • 東京喰種の作品紹介

「東京喰種」は人の姿をして人間社会に潜り込み、人を食らう怪人「喰種(グール)」が蔓延る東京が舞台のダークファンタジーです。

アニメ化や舞台化だけではなく、実写映画化までされるほどの人気作品である「東京喰種」。

その原作である漫画は何巻まで発売されているのか?値段はいくらなのか?を詳しくまとめていきます。

【東京喰種】漫画は何巻まで?結論、第1部14巻、第2部16巻まで!

  • 作者:石田スイ
  • 出版社:集英社
  • 雑誌:週刊ヤングジャンプ
  • 巻数:東京喰種 14巻、東京喰種:re 16巻

東京喰種は全14巻、続編の東京喰種:reは全16巻で既に完結済みです。

【東京喰種】漫画の全巻値段(単行本)はいくら?結論、電子書籍が安い!

東京喰種

巻数紙版(税込値段)電子版(税込値段)
1巻594円564円
2巻594円564円
3巻594円564円
4巻594円564円
5巻594円564円
6巻594円564円
7巻594円564円
8巻594円564円
9巻594円564円
10巻594円564円
11巻594円564円
12巻594円564円
13巻594円564円
14巻594円564円
全巻値段8,316円7,896円

東京喰種:re

巻数紙版(税込値段)電子版(税込値段)
1巻594円564円
2巻594円564円
3巻638円606円
4巻594円564円
5巻594円564円
6巻594円564円
7巻638円606円
8巻594円564円
9巻638円606円
10巻638円606円
11巻638円606円
12巻594円564円
13巻638円606円
14巻594円564円
15巻594円564円
16巻814円773円
全巻値段9,988円9,485円

「東京喰種」の1冊当たりの値段を、紙版と電子書籍版でそれぞれ調査して上記にまとめました。(※紙版はAmazon。電子書籍版はコミックシーモアを参考にしています)

中古で購入する場合は下記のとおりです。(※価格は状態や時期によって大きく異なるため、参考としてください)

東京喰種

中古サイト中古値段
ブックオフオンライン 1,769円
ネットオフ 1,698円
メルカリ2,000~4,000円程度

東京喰種:re

中古サイト中古値段
ブックオフオンライン 2,530円
ネットオフ 2,398円
メルカリ3,000~4,000円程度

東京喰種の新品・中古・電子書籍の価格をまとめましたが、ここからさらに安くなるのは電子書籍です。

というのも、電子書籍は日常的にセール・キャンペーンやクーポンの配布を行っているので。

特にクーポン配布は素晴らしい電子書籍ストアが多いので、巻数の多い東京喰種も格安で購入できます。

電子書籍を安く買えるストアは下記の記事でまとめているので、東京喰種を安く買いたい人はご確認ください。

【東京喰種】あらすじ・感想

最後に、「東京喰種」の作品紹介として、下記の順でまとめます。

  • 全巻あらすじ
  • 読んだ人の感想

まずは各巻のあらすじをどうぞ。

【東京喰種】あらすじ・ネタバレ

ここからは「東京喰種」の第1巻からのあらすじ・ネタバレです。

「東京喰種:re」のあらすじ・ネタバレを知りたい人は、次の項をどうぞ。

【第1巻】あらすじ・ネタバレ

“東京”には、或るひとつの「絶望」が潜む…。群衆に紛れ、人間を狩り、その死肉を喰す怪人、人はそれを「喰種(グール)」と呼ぶ。青年が怪人に邂逅したとき、数奇な運命が廻り始める──!

【第2巻】あらすじ・ネタバレ

「喰種」の内臓を移植され、徐々に怪人へと近づいてゆくカネキ。葛藤の中、「あんていく」で働くことを決意したカネキの前に、“白鳩(ハト)”と呼ばれる「喰種捜査官」が現れる。天敵は貪欲に、狡猾に、「喰種」を追っていた──!

【第3巻】あらすじ・ネタバレ

天敵“白鳩”に両親を殺害された少女・ヒナミ。悲劇の少女の為に、“白鳩”の本拠地〔CCG〕へカネキとトーカは足を踏み入れる。そこには、受け入れざるを得ない悲しみの螺旋階段が待ち受けていた──!

【第4巻】あらすじ・ネタバレ

「喰種捜査官」との一戦を終え、世界の闇を垣間見たカネキ。人間と喰種。それぞれの声でざわめく「あんていく」に、“美食家”喰種・月山が現れる。未知なる味を追求する月山の目に、カネキが怪しく映る時、晩餐の幕が上がる――!

【第5巻】あらすじ・ネタバレ

「未知なる味」を探求する“美食家”喰種・月山の執念。「晩餐」は終わっていなかった。迫り来る月山と対峙するカネキ、ニシキ、そしてトーカ。自らの欲を最優先し、牙を剥く怪人に大苦戦する中、カネキに舞い降りた“閃き”とは…? そして、〔CCG〕(喰種対策局)にも新たなる動きが…!?

【第6巻】あらすじ・ネタバレ

“組織化された喰種たちが、〔CCG〕(喰種対策局)を潰そうとしている──!” 不穏な動きを見せる「11区」。そこは、リゼが元いた場所だった。 おぞましい計画を万丈から告げられたカネキの下に、リゼを追ってきた「11区」の刺客が現れる。 「アオギリの樹」を名乗る喰種集団の真の目的とは──!?

【第7巻】あらすじ・ネタバレ

“カネキくんには もう会えないと思ったほうがいい” 芳村から衝撃の発言を受けてカネキ救出のために“11区”へ向かうことを決意した「あんていく」の面々。 一方、激化する「アオギリの樹」と〔CCG〕の抗争を余所に、ヤモリに拘束されたカネキ。そこに、この世のものとは思えない残酷な仕打ちが待ち構えていた──!

【第8巻】あらすじ・ネタバレ

“やり残したことが出来ました” “喰種”に目覚めたカネキの先に、トーカとアヤト。瓦解する霧嶋家のシルエット。そして、突然姿を現した“梟”と臨戦態勢に入る〔CCG〕。おぞましい「武器」と、尽きない「謎」が複雑に絡み合う三つ巴の戦いの先に待つものとは…!?

【第9巻】あらすじ・ネタバレ

11区での抗争から半年──。「アオギリの樹」討伐の功績が認められ、続々と昇任する捜査官たち。上等捜査官となった亜門鋼太朗は、長らく不在だった相方として、かつての上司・真戸呉緒の娘・暁を迎える。 一方、「あんていく」を離れたカネキは、リゼの足跡を辿り、過去を紐解いてゆくために、月山、万丈らと共に、新天地「6区」へ。交わらない2つの線が導く“ある焦点”とは──!?

【第10巻】あらすじ・ネタバレ

「嘉納先生… いるんですね、そこに──」 カネキの前に現れた、人造の“隻眼の喰種”の存在。明らかになった、衝撃の前職。…囚われていた、リゼ。与り知れぬ執刀医・嘉納の“奸計”が、次第に輪郭を現してゆく。医師の足跡を辿るカネキ達だが、突如、「喰種収容所」から脱走した“見知らぬ存在”に行く手を阻まれ──!?

【第11巻】あらすじ・ネタバレ

「僕の邪魔をするやつはみんな…摘まなきゃ」 人間を捨て、「アオギリの樹」への協力を宣言した、元〔CCG〕解剖医・嘉納。そして、四方に攫われた、リゼ。理解不能の現実の連鎖に、我を失ったカネキは“半赫者”へと姿を変える。暴虐の限りを尽くすカネキを前に、善戦する篠原特等捜査官と〔CCG〕は、ついに「SS級配置」を取る。“喰種”×〔CCG〕、頂上決戦の行方は…!?

【第12巻】あらすじ・ネタバレ

“「自分に制御できない力」を使っちゃいけなかった──” 仲間を傷つけてしまったカネキは、自責の念を抱え、周囲の声に耳を傾けることに。少しずつ明らかになってゆく、“喰種”たちの過去と素顔。一方、“梟”の謎に迫る〔CCG〕は、ある“動かぬ事実”を掴み、動きを見せる。そこへ、“新事実”を売り込む鬼才小説家・高槻 泉の姿が──!?

【第13巻】あらすじ・ネタバレ

“僕は──「あんていく」に戻る” 6区のアジトを解散し、芳村の元へ戻る決意をしたカネキ。“ただの自分”を取り戻すために。一方、SSS級駆逐対象“梟”の居場所を突き止め、「梟討伐作戦」の決行に踏み切る〔CCG〕。“10年前の戦い”を彷彿とさせる様相に、歴戦の捜査官たちが集結する。「悲しみの装具」を携えて。その舞台は──東京20区・喫茶「あんていく」。

【第14巻】あらすじ・ネタバレ

“聞きたいんだ、お前の物語を。” 熾烈を極める、〔CCG〕による、20区「隻眼の梟討伐戦」。「あんていく」へ急ぐカネキの前に、立ちはだかる亜門鋼太郎。因縁にも似た宿命の対峙の結末は…? 同時刻、各所で勃発する「悲劇」の連鎖。己と、かけがえのないものを失いながら、貫こうとする、それぞれの正義。止むことのない雨が、悲しみの螺旋を描き続ける。まるで、すべてを放擲した涙のように。

【東京喰種:re】あらすじ・ネタバレ

ここからは「東京喰種:re」のあらすじ・ネタバレです。

まずは第1巻からどうぞ。

【第1巻】あらすじ・ネタバレ

群集に紛れ、ヒトの肉を喰らう。ヒトの形をしながら、ヒトとは異なる存在…“喰種(グール)”。“喰種”を駆逐・研究する〔CCG〕は、あるひとつの命題を果たすため、実験体集団を新設。――その名は「クインクス」。「まともな人間」ではない彼らと、佐々木琲世一等捜査官が“東京”で向き合うものとは――!?

【第2巻】あらすじ・ネタバレ

「僕は、僕が生きてきた20年間を知りません」 『半喰種』として任務に当たる指導者・佐々木琲世に対し、瓜江、不知、六月、米林ら「クインクス」のメンバーは、それぞれに複雑な思いを抱く。 一層の戦力を拡大している喰種集団「アオギリの樹」の動向を探りつつ、次なる標的「ナッツクラッカー」の捜査へ。 ふと引き寄せられた喫茶店で、ハイセは“懐かしい香り”と出会う。 そこに、自身を紐解く大きな“鍵”が――?

【第3巻】あらすじ・ネタバレ

「秘密の話でもしようぜ……二人きりで」 人間を攫い、競りをする“喰種”たちが集まる舞台、オークション。大型駆逐対象喰種討伐のため、〔CCG〕は大幅な人員増をし、「オークション掃討作戦」を決行する。一方、標的・ナッツクラッカーを追い、作戦に参加したハイセたちクインクス班の前に、“オウル”と呼ばれる異形の影が忍び寄る。かつての面影を残すその残像が、悲しみの爪痕を刻む時、ハイセの頭に“声”が響く――!

【第4巻】あらすじ・ネタバレ

「我々“喰種”に仇なす存在にございます――」 “オークション掃討作戦”から半年後…。煉獄の苦しみの渦中にいる月山習を救うため、カナエ=フォン・ロゼヴァルトと月山家は“収穫”という名の“大量誘拐”を繰り返す。しかし、一向に回復しない主の姿を見かねて、カナエは単独で行動を開始する。カメラ少女・掘ちえの力を借りて。一方、昇進したハイセたちQsの次なる標的は「ロゼ」。“カネキケン”でつながる両者が、交わる先にあるものとは――!?

【第5巻】あらすじ・ネタバレ

「私があなたの神様になってあげる――」 進捗をみせる「ロゼ」討伐作戦の最中、“個”を発揮し始める、歴戦の捜査官たちと、次第に“空白の20年間”に迫る佐々木琲世。疑問と真相の輪郭が、徐々に姿を現してゆく。一方、主・月山習のため、ハイセらQsの面々を消そうと画策するカナエは、「アオギリの樹」と接触を図る。月山家に近づく、数多の足音。そして、景色は縫われる。片眼が紅く蠢く存在によって――…!

【第6巻】あらすじ・ネタバレ

「私、あなたのことが好きになったわ!」 犠牲を生み続ける月山家殲滅戦の最中、予期せぬ“隻眼の梟”の襲来。縫われた視界から、秘められた愛情が零れ始める。掬えないその雫は、最期の放物線を描き、対象に沁みてゆく。行き場のない意志を遺して。そして、漆黒が東京を包む時、ふたつの“隻眼”が光を放ち始める。まるで、瞬きすら惜しむ、双眸のように――。

【第7巻】あらすじ・ネタバレ

「わたしは“隻眼の王”では、ない」 多数の犠牲を出した“月山家殲滅戦”から半年。“アオギリの樹”討伐に勢力を注ぐ〔CCG〕は、「隻眼の王」を討つことを最重要課題とし、アオギリの根城“流島”への上陸と同時に、コクリアを防衛する作戦に踏み切る。そして、最終作「王のビレイグ」を上梓し、自身が“喰種”であると明言した高槻泉。世界の根源を疑う問題作が、東京を静かに揺らし始める。コクリアに、侵入者を告げる警報が鳴り響く中、佐々木琲世は“ある決意”とともに、獄内を駆け巡る。“奪われる者”の瞳に赫い意思を灯しながら――…!

【第8巻】あらすじ・ネタバレ

「かっこ悪くても、いきろ」 コクリアに鳴り響く警報。開放される独房の“喰種”たち。佐々木琲世としての“最期の仕事”は有馬貴将の存在によって、完遂を迎えようとしていた。無敗の捜査官が放つ無数の刃に容赦なく肉体を刻まれたとき、既視感とともに、“ある声”が脳内に響く――。そして、青年は「生」を求める。――半喰種“カネキケン”として。死神は静かに微笑み、再び刃を交える。己の存在を確かめ合う、“親子”のように――。

【第9巻】あらすじ・ネタバレ

「お前は…喰種捜査官だろう!!」 阿鼻叫喚が響き渡る流島。「アオギリの樹」の根城は、多数の犠牲で埋め尽くされていた。鈴屋班に襲い掛かる“双子”の執念と、“医師”の奸計。“赤舌連”にまつわる因縁の対峙。そして、六月の捜索に出た瓜江Qs班が目の当たりにした衝撃の光景とは…? 交わることのない、〔CCG〕と“喰種”。その焦点が、ついに揺らぎ始める――。

【第10巻】あらすじ・ネタバレ

「ヒトと“喰種”は分かり合える」 先代の“隻眼の王”の意思を継ぎ、記憶を取り戻したカネキは、『喫茶:re』に身を寄せることに。懐かしい珈琲の味と香りに包まれたそこは、かつての仲間たちと、“王”を囲う“喰種”たちで満ちていた。―自分が“ここ”にいる意味。ヒトと理解し合える世を目指し、「黒山羊」を組閣したカネキは、〔CCG〕との対話を求め始める。世界という“殻”を破壊するために――。

【第11巻】あらすじ・ネタバレ

「先生がいないと、私は――…」 「ピエロマスク集団」による、〔CCG〕各支局同時多発襲撃が発生。裏で“ピエロ”を操る旧多二福(ふるたにむら)は、次第に〔CCG〕そのものを恣(ほしいまま)に。佐々木琲世に教えを施されたかつてのQsたちも、カネキケン率いる「黒山羊(ゴート)」の動きに動揺を隠せないでいた。“ヒト”と“喰種”の関係が根本から変化しようとする最中、“隻眼の王”に求められるものは――…?

【第12巻】あらすじ・ネタバレ

「24区」の最深部と、隻眼の喰種…か」 “全喰種の殲滅”を掲げ、「東京完塞」を試みる〔CCG〕新局長・和修吉福(わしゅうきちむら)。そして、生み出された新戦力「オッガイ」。Qsの上位互換である「黒い子供たち」は、夥しい速度で“喰種”を狩り始めた。対策を余儀なくされた「黒山羊」は、「喫茶:re」を離れることを決意する。その刹那、訪れる執念の追跡者。東京24区。未知の地下空間。語られる「隻眼の喰種」の伝説。歴史が、次第に紐解かれてゆく――…!

【第13巻】あらすじ・ネタバレ

「死神の時間ですよ」 「隻眼の喰種」が開拓した東京地下24区。“黒山羊”がアジトを構える未開の地は、ついに結ばれたカネキとトーカを、祝福する数多の声で溢れていた。一方地上では、新局長・和修吉福(わしゅうきちむら)により、「喰種対策法違反」の罪で、裁かれようとする黒磐依子。運命の日は“4月23日”。24区へ侵入する「オッガイ」が、“黒山羊”を脅かし始める。まるで、「死」をふたつ重ねるように。「13」を背負った死神が舞い降りた時、カネキの頬を伝う“黒い涙”が辛辣な残り時間を告げる――…!?

【第14巻】あらすじ・ネタバレ

「あれがカネキよ――」 旧多の思惑通り、大量の「オッガイ」を喰らい、「竜」のような姿に形を変えたカネキは、24区から地上へ。無作為の搾取と、孤独な咆哮に包まれた東京は、未曽有のの大混乱にあった。そこに、旧友の“声”が響く。“東京”と“カネキケン”を取り戻すため、〔CCG〕と“喰種”が下した“ある決断”。彼らが見つめる先に、“間違ったこの世界”の「光」が――…!?

【第15巻】あらすじ・ネタバレ

「全部あなたが食べたから、私はここにいるの」 “カネキケンと東京”を救うため、手を組むことにした“喰種”と〔CCG〕。東京に生きるもの全ての力を結集し、23区中を埋め尽くす膨大な胎内から、ついに本体の足がかりを掴んだ両者。“佐々木琲世”の幻影を追う六月透と、“金木研”を繋ぎとめる霧嶋董香。Qs班の存在意義を問う、最終対峙。そして、カネキの脳内には、文字と“喰”を愛した“あの女性”が――…!

【第16巻】あらすじ・ネタバレ

【ページ数が多いビッグボリューム版!】「なにもできないのは もういやなんだ」 “人類総喰種化”が進む東京。「毒」の根源を絶つために、〔CCG〕と“喰種”は力を結集して、カネキとアヤトを地下24区へ。そこに立ちはだかる、旧多二福(ふるたにむら)。自身を「この世界」に招き入れた“元凶”を前に、カネキが望んだこととは…? そして、“東京”と“喰種”の未来は――…?

まとめ:東京喰種の発売巻数・全巻値段まとめ

本記事では、「東京喰種」の発売巻数と全巻値段についてまとめました。

東京喰種に限らず、漫画は電子書籍で購入した方が格安です。(セールやクーポンで安いです)

漫画を安く買える電子書籍ストアは下記でまとめているので、「東京喰種」を安く買いたい人は必見です。

-漫画全巻値段