バレーボール漫画おすすめランキングベスト10!【ハイキューだけがバレーじゃない!】

バレーボール漫画でおすすめの作品が知りたいなぁ。

 

このような疑問にお答えします。

 

✔本記事の内容

  • おすすめバレー漫画ベスト10

 

今回はおすすめのバレー漫画をランキング形式でご紹介します。バレー漫画といえば「ハイキュー!!」と思われがちですが、まだまだ皆さんが知らない名作がたくさんあります。

 

本記事では皆さんが知らない、本当に面白いバレー漫画を厳選してご紹介しますので、面白いバレー漫画を探している方は必見ですよ。

 

おすすめ電子書籍

漫画を無料で読みたい、お得に購入したいなら電子書籍がおすすめです。本記事でご紹介したほとんどの作品が電子書籍で読めますよ☟

>>[最新版]電子書籍サイト12社を徹底比較「厳選3社+用途別のおすすめサイト」

 

✔本記事の執筆者

千人以上にフォローされ、千冊以上の漫画を読んだカップルが執筆しています。

 

バレー歴10年の私が読み漁った、本当に面白いおすすめのバレー漫画をご紹介するので、本記事の信頼性は抜群かと思います。

 

それでは本題に入りましょう。

 

おすすめバレーボール漫画ランキングベスト10

おすすめバレーボール漫画ランキングベスト10

それではさっそくおすすめバレーボール漫画ランキングベスト10を発表します!

 

どうぞ☟

 

1位.ハイキュー!!/古舘春一(完結/全45巻)

おれは飛べる!! バレーボールに魅せられ、中学最初で最後の公式戦に臨んだ日向翔陽。だが、「コート上の王様」と異名を取る天才選手・影山に惨敗してしまう。リベンジを誓い烏野高校バレー部の門を叩く日向だが!?

Amazon内容紹介より

読んだ感想

バレー好き、漫画好きなら絶対に知っている名作。ここまで熱いスポーツ漫画を読んだことがあるでしょうか?私はバレー歴10年で、過去にはベストリベロ賞も取ったことのあるくらい本気でバレーに取り組んでいましたが、この「ハイキュー!!」という作品、非常にガチなバレーで、リアルすぎてビビります。本気の"バレー"を読むことができるので、おすすめバレーボール漫画ランキング堂々の1位です。

[遂に完結]漫画「ハイキュー!!」が面白いと言われた理由とリアルな口コミ・評判を大公開
[遂に完結]漫画「ハイキュー!!」が面白いと言われた理由とリアルな口コミ・評判を大公開

続きを見る

 

2位.神様のバレー/西崎泰正・渡辺ツルヤ(連載中)

アナリスト…それは、相手チームを分析し、ベンチ外から監督に作戦を指示する“チームの黒幕”。阿月総一は実業団バレーボールチーム<日村化成ガンマンズ>のアナリスト。とあることを条件に、全日本男子バレーボール監督の座を約束される。それは、万年地区予選1回戦敗退の私立中学校男子バレー部に全国制覇させることだった!

Amazon内容紹介より

読んだ感想

天才アナリストが万年一回戦負けの中学生を全国優勝に導く作品。相手の心理を逆手に取る作戦やローテーションごとで変わる攻撃オプションなど、バレー素人が読んでも面白い作品です。中学生という、パワーも何もないからこそできる戦術バレーなのですが、学びは多い。また、伏線が結構あるので、その伏線を回収するシーンは読んでいてゾクゾクします。ランキング2位にふさわしいバレー漫画だと私は思いますね。

 

3位.アタック/大島司(連載中)

県立掛川高校新入生の加藤晴鷹は入学早々、同級生の小林舞子にひと目掘れ……。バレー部マネージャーの舞子は加藤の才能を見抜き、なんとしても部員にしようと四苦八苦する。どのスポーツもかじっただけで長続きしたことの無い加藤は、果たしてバレー部の「希望の星」となれるのか!?掛川高校バレー部の伝説がいま、幕を開ける――。

Amazon内容紹介より

ポイント

主人公が身体能力お化けで、そんなにバレーは甘くないぞと突っ込みたくなりますが、漫画なのでまぁ良しとしよう。とはいえ、戦術やバレー用語は専門的なものを使っており、バレー経験者の私からすると非常に面白かった。バレー素人の方は最初は知らない言葉が多いかもしれませんが、作中でちゃんと解説してくれるので安心してください。

 

4位.少女ファイト/日本橋ヨヲコ・木内亨(連載中)

大石練・15歳。バレーボールの名門・白雲山学園中等部に在籍。小学校時代に全国大会で準優勝したほどの実力を隠しながら、練はずっと自分を抑え続けていた。

Amazon内容紹介より

ポイント

最近のバレー漫画は"男子バレー"押しでしたが、この作品のメインは女子バレー。(たまに男子も出てくる)。いわゆる、主人公最強系の作品ですが、意外にも脆い部分があったりと非常に人間味あふれる主人公です。チームメイトの裏切り、姉の事故死、友人や家族の悩みなど、バレーボール漫画を超えた、シリアスな人間ドラマも描いており、非常に面白かった。

 

5位.ハリガネサービス/荒達哉(完結/全24巻)

中学バレー部ではレギュラーになれなかった下平鉋。都立豊瀬高校ではなんとかレギュラーを目指して頑張ろうとしていると、一緒に入った同級生の3人は元・中学東京選抜であった。青春高校バレーボール巨編!!

Amazon内容紹介より

読んだ感想

簡単に言うと、主人公のサーブがえぐい話。一人で25点取ります。バレー知識なしで読むと普通に面白いですが、バレーを10年経験してきた私からすると、絶対ありえないサーブなので、違和感が非常にありました。とはいえ、強敵相手にどんどん自分のサーブが攻略されていき、結論バレーは一人では勝てないということを描いており、バレーの本質を突いた良い作品だと私は感じます。

 

6位.バレーの球語/僕男(完結/全3巻)

フリーター・春男はパチンコに明け暮れ、怠惰な日々を送る自分を変えようとおもいつつも、なかなか行動できずにいた。そこに舞い込んだのは、自分がかつて打ち込んだバレーボールの部活動コーチの話!しかし、指導する女子高生たちは一癖あるコたちばかりで…?

Amazon内容紹介より

読んだ感想

バレー経験者の不器用な男が女子バレー部のコーチに就任する話。指導する女子高生は一癖も二癖もあり、若者らしい悩みも抱えた子たち。バレー漫画として読むより、一つの青春スポーツ漫画として読むと面白い。とはいえ、作者はバレー経験者とのことで、しっかりと"バレーの動き"を描いてくれているので、バレー漫画としても面白い。いや、どっちやねん。。。結論、面白いです(笑)

 

7位.健太やります/満田拓也(完結/全26巻)

バレー大好き少年・井口健太。入部したのは、部員6人の超弱小バレー部。おかげで即、夢のレギュラー入り。インターハイ出場をめざして、猛特訓が始まった!

Amazon内容紹介より

読んだ感想

この作品が連載されていた当時は、"リベロ"というポジションがなかった時代。故に、バレーをやるなら"身長の高い人だけ"という暗黙のルールみたいなものがありました。そんなルールを打ち破ったのがこの作品。主人公の井口健太は身長164センチの低身長。はっきり言ってバレーでは非常に不利です。そんなハンデを抱えても、バレーボールというスポーツの中で自分の役割を見つけて強敵と戦っていきます。この作品で、背の低いバレーボールをやりたい子供たちはけっこう救われたのではないでしょうか?バレーボール漫画の歴史の中でも、非常に重要な作品だと私は考えます。

[名作揃い!!]少年サンデーおすすめ漫画ランキングベスト30
[名作揃い!!]少年サンデーおすすめ漫画ランキングベスト30

続きを見る

 

8位.リベロ革命/田中モトユキ(完結/全13巻)

幹本要、西山中学3年生。ちょっと背は低いけど、バレー部のエースだ。ある日、要はマンション3階から誤ってきた赤ちゃんを間一髪キャッチし、一躍町の英雄になる。市民バレーボール大会の日、体育館は要を一目見ようという人達でいっぱいに。その中には来賓として、高校バレーの名門・藤原学園の監督である大杉も来ていた。要のプレーに興味を持った大杉は、要を激励し、名刺をわたす。

Amazon内容紹介より

読んだ感想

数あるバレー漫画の中でも、主人公が"リベロ"なのはこの作品くらい。リベロとはレシーブ専門のプレーヤーなのですが、花形はやはりスパイカーだと思われがち。バレー経験者の私からすると本当の花形はレシーバー、リベロです。そんな影の花形ポジションであるリベロの大変さ、すばらしさ、悩み、葛藤、すべてを描いた作品です。

 

9位.アタック№1/浦野千賀子(完結/全12巻)

【バレー部に新風を起こす鮎原こずえとは!?】富士見学園に転校した鮎原こずえは、スポーツ大好きな中学2年生。ふとしたことでバレー部との試合に勝利し、3年生からキャプテンになってほしいと頼まれる。しかし、他にもその座を狙うものが…! 

Amazon内容紹介より

読んだ感想

バレーボール漫画の金字塔!とはいえ、作品がもう古いですね。。。確かに面白いですが、バレーのルールや考え方、取り組み方は変わり、現代バレーボールの視点で見るとすこしものたりない。"三位一体攻撃"や"木の葉落とし"などの、わけのわからない必殺技が多いですが、ここに元祖スポ根漫画を感じます。今読むと、賛否両論がすごそうですが、私のバレー人生の中でも大きく影響を与えた作品のため、おすすめランキングにランクインさせます。

 

10位.純情カレンな俺たちだ!/西山優里子(完結/全3巻)

我が強い自己中な天才セッター・本多アキラは、JOC選抜チームに選ばれる程の高い技術を持ち合わせているが、その性格が災いして中学バレー部を追い出されてしまった。バレーを諦める事が出来ないアキラは、高校バレーの名門・西嶺高校の推薦テストで出会ったパワーアタッカー・大沢勝太と正面衝突してしまい……。性格が正反対な凸凹コンビが繋ぐ青春バレーストーリー!

Amazon内容紹介より

読んだ感想

意外と知られていないバレー漫画。天才だけど自己中で性格に難があるセッターが豪腕スパイカーに出会う作品。残念ながら打ち切りになってしまいましたが、個人的には結構好きでした。タイトルでちょっと手に取るのを躊躇う人が多いかもしれませんが、一歩勇気を踏み出して読んで見てください。普通にバレー漫画として面白いですよ。

 

まとめ:おすすめバレーボール漫画ランキングベスト10

まとめ:おすすめバレーボール漫画ランキングベスト10

以上、おすすめのバレーボール漫画を10作品ランキング形式でご紹介しました。

 

バレーボール漫画は「ハイキュー!!」の認知度が高すぎて埋もれがちですが、実は結構名作が多いです。

 

電子書籍なら基本的に無料で試し読みができますので、気になる作品があれば読んで見てください。

 

おすすめ電子書籍

漫画を無料で読みたい、お得に購入したいなら電子書籍がおすすめです。本記事でご紹介したほとんどの作品が電子書籍で読めますよ☟

>>[最新版]電子書籍サイト12社を徹底比較「厳選3社+用途別のおすすめサイト」

 

それでは今日はこのへんで。グッバーイ

 

人気記事[完全版]少年ジャンプでおすすめの漫画をジャンルごとに紹介する

人気記事[最新版]週刊少年マガジンおすすめ漫画ランキングベスト30[あなたに刺さる漫画が必ず見つかる]

 

ブログランキング参加中!ワンクリックだけお願いします☟


-漫画

© 2020 暇つぶし漫画ブログ Powered by AFFINGER5