PR
最新情報をお届けします!

同人誌の違法サイト3選!安全性や海賊版を使う危険性を徹底解説【ダウンロードはヤバい】

「同人誌」とは、趣味が同じで志向が似ている人たちが自ら執筆・編集・発行を行う雑誌のことを指します。

制作から出版まで個人で費用を負担しなければならない反面、出版社がいないことで自由に描くことができることが特徴とも言えるでしょう。

そんな同人誌をインターネットで閲覧をしようとすると、実は危険な思いをする可能性があるんです。

本記事では、同人誌の違法サイト3選や、安全性や海賊版を使う危険性について、徹底解説をしていきます。

同人誌の違法サイトは安全?海賊版を使う3つの危険性を解説

  • 詐欺にあう可能性あり
  • ウイルスに感染する可能性あり
  • 利用することで罪になる可能性あり

本項では、上記3つの海賊版を使うことによる危険性について詳しく解説していきます。

詐欺にあう可能性あり

インターネットにて違法同人誌を閲覧することで「ワンクリック詐欺」にあう可能性があります。

ワンクリック詐欺とは、メールのURLやWebサイトを開くだけでそのサイトに登録したとみなされ、高額な請求をされてしまうことです。

誤って広告をクリックしてしまったり、脅迫のような文面が送られてきて不安に思いメールに返信してしまった…などで、高額請求をされ詐欺にあうケースも決して珍しくはありません。

悪質なアダルトサイトや出会い系サイトなどで多い詐欺とも言われていますが、同人誌もワンクリック詐欺の可能性が十分にあります。

現代では、インターネットを利用することは生活において必要不可欠なものとなっています。

便利であることの反面、悪質なサイトが増えているために常に危険と隣り合わせであることは覚えていた方が良いでしょう。

ウイルスに感染する可能性あり

違法同人誌を閲覧することでウイルスに感染するリスクもあります。

インターネットでの最も聞かれるリスクは「ウイルス感染」といっても過言ではありません。

万が一ウイルスに感染してしまうと、パソコンが使えなくなってしまったり、個人情報の漏洩、SNS等のアカウントが乗っ取られてしまう危険性があります。

主に感染しやすいルートは下記の4つ。

  • Webサイトの閲覧
  • 大手企業に扮したメール
  • ネットを経由したファイルやメールの交換
  • 不正侵入

最近多いのが、佐川急便やクロネコヤマト、amazon等の大手企業に扮し、URLを添付したメールが送られてきて、うっかりクリックしてしまった事によるウイルス感染です。

ウイルス感染はパソコンだけでなく、スマホでもウイルスに感染してしまう可能性もあります。

パソコンやスマホ問わず、少しでも怪しいサイトやメールだと感じた場合は、決して閲覧することのないように意識を持つことが大切です。

利用することで罪になる可能性あり

違法同人誌サイトであると分かっていながら、作品をダウンロードして閲覧する行為は違法になります。

同人誌サイトだけに限らず、違法アップロードされた動画を観ることも違法と言われていますよね。(2021年1月1日から改正著作権法が施行されています。)

なお、大手企業が運営する公式の電子書籍サービス等で正式にアップロードされている作品をダウンロードする場合は違法にはなりません。

無料だけど危険!利用してはいけない違法同人サイト3選

  • 同人すまーと
  • 同人の森
  • A-Zmanga

本項では、上記3つの利用してはいけない違法同人サイトを紹介していきます。

無料だからつい観たい…と思ってしまう気持ちも分からなくもないですが、危険なリスクがあることを知ると、利用することを控えようと考える方も少なくはないでしょう。

一歩間違えると後になって大変な思いをする可能性もあるので、なぜ危険なのかをしっかりと理解できるように、1つずつ詳しく解説をしていきますね。

同人すまーと

利用料が無料で作品数は非公開でありながら、毎日最新作を30作品ほど更新しており品揃えが豊富だと言われている“同人すまーと”。

一見良さそうに思える同人すまーとですが、同人誌の著作権を持っているメーカーに無断でアップロードをしている、いわゆる違法行為を行なっているサイトです。

さらに、同人誌を作成した作者にも許可を得ずに無断でアップロードしていることで、違法性がより高いとみなされています。

本来は同人誌の作者が得られるはずの収益が、閲覧されることによって同人すまーとにどんどんとお金が入り、作者には一銭もお金が入らない点からしておかしな話ですよね。

また、配信用のサーバーがアメリカのカリフォルニアにあるため、運営会社が不明となっている点も信用がありません。

万が一、同人すまーとでの閲覧によってトラブルになってしまった場合には、運営会社が不明である以上は摘発することも難しいでしょう。

何かが起きてしまってからは後戻りできない状況となってしまう可能性があるため、同人すまーとの利用は控えるべきだと言えます。

同人の森

作品数は非公開ですが利用料が無料、サイト自体は見た目がとても綺麗でクリーンな印象を受ける“同人の森”。

同人の森も、同人すまーと同様に無断で作品を掲載している違法サイトです。

同人の森で同人誌を閲覧中に「Cookieを消去してください」といった忠告画面が突如出てきたという声も上がっています。

ウイルス感染に繋がるケースも少なくはなく、またスマホが乗っ取られたり、迷惑メールが1日に何通も届いたという人もいるようですので、同人の森を利用することも避けるべきでしょう。

当然ながら、運営会社も不明となっています。

A-Zmanga

漫画、雑誌、ラノベ、小説、同人誌等様々なジャンルを扱っている“A-Zmanga”。

作品数は非公開ですが、R-18同人誌も取り扱い、ジャンルが多い上に無料で利用することができることから同人誌好きにはよく利用されているようです。

しかし、A-Zmangaも運営会社は不明で、基本的にダウンロードする形式となるA-Zmangaは閲覧するだけのサイトよりも違法性の高いサイトだと言われています。

“いけないこと”だと分かっていながら、違法にアップロードされた作品を自身でダウンロードする行為は先述した通り、違法になり罪に問われる可能性も十分にあります。

パソコンがウイルス感染したり、迷惑メールが連日何十件も続くなどリスクも大いに考えられるため、A-Zmangaの利用も控えるべきでしょう。

同人誌が安全に読めるサイト7選

本項では、上記7つの同人誌が安全に読めるサイトについて紹介していきます。

前項で危険な同人誌のサイトを紹介しましたが、安全に利用できる同人誌のサイトも気になりますよね。

さっそく1つずつ紹介していきますので、自分に合った同人誌のサイトを見つけてみてくださいね。

FANZAブックス

大人向けのコミックやマイナーな作品に特化しているFANZAブックスは、合同会社DMM.comが運営する電子書籍サイトです。

約4,000万人もの会員数がいる優良な配信サービスであり、大手企業であるDMM.comなだけあって、FANZAブックスで取り扱っている作品は全て正規の取り扱い方法で販売されています。

FANZAブックスの大きなメリットは初回購入70%オフの他、ポイントで購入した作品にもポイントが付与されるなどが挙げられ、他にも試し読みや0円、無料と記載されてある作品は完全無料で閲覧することができます。

2万冊以上も無料で読むことができ、冒頭の数話、1冊まるごと、待てば無料など様々なサービスを展開しています。

公式サイトには「不正アップロード通報フォーム」も用意されている点も、安心できるポイントなので、安全に利用したい方、あまりお金をかけたくない方にもとてもおすすめなサイトだと言えます。

\90%OFFクーポンはこちら/

FANZAブックスはこちら

期間限定の配布です!!

コミックシーモア

コミックシーモアは、2024年で運営歴20周年を迎える歴史ある電子書籍サービス。テレビではCMが頻繁に流れていたこともあり、一度は耳にしたことがある人も多いかもしれません。

コミックシーモアは、NTTソルマーレが運営をしており大手企業なだけあってセキュリティ対策も万全です。

また、会員登録が無料でできることも安心できるポイントではないでしょうか。

さらに、新規無料会員登録で70%OFFクーポンが貰えたり、月額メニュー登録で最大20000ポイントプレゼントなど、太っ腹なサービスもあります。

自分に合ったプランが選べたり、お得なキャンペーン、100万冊近い作品数、安心できる運営会社など総合的に見ても、安心して利用できるサイトだと言えるでしょう。

\70%OFFクーポン配布/

コミックシーモアはこちら

とにかく安い漫画サイト!!

めちゃコミック

有吉弘行さんとめちゃ犬が出演するCMが記憶に新しい「めちゃコミック」は、株式会社アムタスが運営をしており、資本金が1億5,000万円であることや従業員が100人以上であることなどからしても大きな会社であることがわかります。

めちゃコミックの最大の特徴は、一コマずつ読める「コマ読み」機能があること。

漫画を1ページずつ読むのではなく、1コマずつ読むことができる点は他の電子書籍サービスとは大きく異なる点です。

また、作品数は約6万冊以上と言われ、料金形態は月額コース。

無料で試し読みできる作品も多いことや、めちゃコミックでしか読めないオリジナル漫画作品も豊富なこと、何よりもCMによって知名度も高いことから多くの人から利用されています。

DLsite

DLsiteは同人、PCソフト、電子書籍等のダウンロード販売サイトであり、他サービスよりもアダルト作品を多く取り扱っていることが特徴です。

DLsiteは株式会社エイシスが運営をしており、エイシスは株式会社ゲオの子会社に当たるのですが、株式会社ゲオは、DVDレンタル店大手の“ゲオ”を経営している有名企業です。

大手企業の管理下にあるエイシスが運営するDLsiteは20年以上の運営実績もあることもあり、極めて安全なサイトであると言えるでしょう。

また、DLsite内でコンプライアンスポリシーやユーザーのプライバシーを遵守していることもしっかりと記載されている点も安心できるポイントです。

セキュリティ対策も万全にされており安心して利用できるサイトがゆえに、2022年の段階で全世界会員数が900万人以上に到達するほど、世界的にも認められているサービスです。

BOOK☆WALKER

株式会社ブックウォーカーが運営をしている電子書籍サービス、“BOOK☆WALKER”。

配信出版社が1,200社以上、電子書籍930,000冊以上配信され、月額836円で読み放題となります。

見たい作品だけを購入する都度購入での利用も可能で、初回1ヶ月無料特典や、初回購入金額が上限なしで50%OFFになる点も嬉しいポイントでしょう。

大手企業であるKADOKAWAグループが運営していることは何よりもの安心できる点であり、月間約800万人の方々に利用されている実績から見ても安全であると言えます。

運営されてから10年以上の歴史があることも安心できますね。

とらのあな

“とらのあな”は株式会社虎の穴が経営する、同人誌を中心とした漫画関連商品などを通信販売及び店頭販売する同人ショップです。

台湾にも出店するほどの大企業であり、27年もの歴史があることや従業員数が1,000名いることなど総合的に見ても安心できるポイントは多数あります。

世界最大規模同人通販サイトと言われ、同人誌や商業誌(コミック・ラノベ)だけでなく、DVDやフィギュアなどのオタクコンテンツを100,000点以上取り扱っています。

とらのあなでしか手に入らない専売の同人誌や限定特典も盛り沢山なことから、多くの利用者に選ばれています。

メロンブックス

平成3年に設立された株式会社メロンブックスが運営をしている、“メロンブックス”。資本金が4600万円であり、500名以上のパート、アルバイトを含む従業員がいることから、大企業であることが分かります。

主に書籍や雑誌、個人出版物、CDやBD、ゲームやグッズ等の販売の他、キャラクター商品の企画や製造、販売を行なっている会社です。

公式サイト内ではセキュリティ対策がしっかりとされており、また反社会的勢力に対する基本方針も掲げられているため、安全であると言えるでしょう。

メロンブックスの通信販売で注文した商品をコンビニや全国30店舗以上のメロンブックス、フロマージュの店舗で受け取ることができたり、電子書籍の利用も可能です。

ポイント還元されたり、作家の活動を応援するサークルショップ、定期的に配信されるお得なクーポンなども多く、多くの人から利用されています。

同人誌を安全に読みたい人がよくする質問

  • そもそも同人誌は違法ですか?
  • 違法サイトからダウンロードするのはダメ?
  • ABJマークがあれば違法じゃない?

最後に、同人誌を安全に読みたい人がよくする上記3つの質問について、1つずつお答えしていきます。

まずは最も多い質問、そもそも同人誌は違法かどうかについて、さっそく見ていきましょう。

そもそも同人誌は違法ですか?

原作の著作権者の許諾を得ることなく二次創作同人誌を不特定多数へ販売をすることは、原則として著作権侵害となります。

なお、現状としてはファンの一環といった扱いを受けた、版権を持つ企業などからの黙認といったグレーゾーンであり、二次創作同人誌の頒布は成り立っている状況です。

ただし、あくまで黙認なだけで、過去には法的手段の行使に至ったケースもあります。

また、コミックを中心とする同人誌での性描写に対し、青少年の健全な育成を主張する立場から表現規制を求める声も強くあり、深刻な問題にもなっています。

違法サイトからダウンロードするのはダメ?

インターネット上に違法に掲載された「海賊版」だと知りながら漫画や著作物をダウンロードすることは、個人で楽しむためであっても違法になります。

犯罪になるケースもあるので控えるべきです。

ABJマークがあれば違法じゃない?

ABJマークは、掲示した電子書店や電子書籍配信サービスが著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標です。

大手企業などの電子サービス等のサイトにはしっかりと提示されています。

海賊版の違法サイトで万が一ABJマークが掲示されていた場合には安全だと思わずに、違法であり罪に問われる危険性もあることから、閲覧等はしないことを勧めます。

まとめ:同人誌は安全なサイトで読もう

本記事では、同人誌の違法サイトについて解説しました。

結論、違法サイトを利用するには危険が多すぎるので、利用しないことを強くお勧めします。

好きな同人誌で法を犯したくないはず。

安心安全に利用できるFANZAブックスなどを利用しておきましょう。

-電子書籍