MENU

「パンプキンシザーズ」の作者「横手美智子」の死亡はさすがにデマ!?真実を解説

「パンプキンシザーズ」の作者「横手美智子」先生の死亡説について、本記事では真実をまとめました。

「横手美智子」先生は死亡したのか。真相を知りたい方は本記事を最後までご覧ください。

目次

「パンプキンシザーズ」の作者が死亡したと言われる3つの理由

「パンプキンシザーズ」の作者「岩永亮太郎」さんの死亡説が浮上しているようですが、真相はどうなのでしょうか。

結論を言うと、「岩永亮太郎」さんが亡くなったとされる有力な情報は見つかりませんでした。

それではなぜ、「岩永亮太郎」さんの死亡説が浮上しているかというと、下記の理由が考えられます。

  • 休載が続いている
  • SNSでの活動をしていない
  • 検索予測に「岩永亮太郎 死亡」がある

順番に内容を見ていきましょう!

休載が続いている

「パンプキンシザーズ」は2019年11月に23巻が発行されて以降、連載雑誌「月刊少年マガジン」での休載が続いていました。

また、約4年半の休載理由の詳細は発表されていないため、多くの読者やファンの間では「岩永亮太郎」さんの安否を心配する声が上がりました。

結果的に、それが「岩永亮太郎」さんの死亡説に繋がってしまったと考えられます。

なお、「パンプキンシザーズ」は、2024年の5月号から連載を再始動することが発表されました。

SNSでの活動をしていない

「岩永亮太郎」さんは、X(旧Twitter)などのSNSでの活動を行っていません。

つまり、読者やファンが「岩永亮太郎」さんの近況を把握する手段がほぼない上に原因不明な休載が続いたこともあり、読者やファンの心配の声が年月と共に増加していきました。

死亡説の拡散に歯止めが効かない状況ができあがっていることが伺えますね。

検索予測に「岩永亮太郎 死亡」がある

ネット上で「パンプキンシザーズ」を検索にかけると、検索予測に「作者死亡」が出てきます。

先ほど紹介したような様々な理由で「岩永亮太郎」さんの死亡説が浮上しているため、多くのネットユーザーが真相を調べようと「パンプキンシザーズ 作者死亡」で検索している証拠です。

つまり、他の目的で「パンプキンシザーズ」を検索しているネットユーザーにも「作者死亡」の文字が目に入る状況になってしまっているのです。

まとめ

「岩永亮太郎」死亡説が流れている理由

  • 休載が続いている
  • SNSでの活動をしていない
  • 検索予測に「岩永亮太郎 死亡」がある
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

マンガ大好き28歳なり~

目次