PR
最新情報をお届けします!
dブックは家族でアカウント共有できる?何台まで複数端末利用できるか解説

dブックは家族でアカウント共有できる?何台まで複数端末利用できるか解説

dブックは何台までアカウント共有できるのか?

気になっている人も多いと思うので、本記事ではdブックが何台までアカウント共有できるのか解説します。

dブックを複数端末で家族で利用したいと考えている人は、本記事を参考にしてみてください。

当サイト運営者

暇つぶし漫画ブログの編集長
ひらまつ

当サイト「暇つぶし漫画ブログ」は電子書籍に関するアンケート、利用体験をもとに制作しております。各運営担当者の詳細は、こちらをどうぞ。

漫画が安く買えるクーポン!!

電子書籍のヤバいクーポン

漫画を定価で買う時代は終わり。今は割引価格で漫画を買う時代です。

例えば、クーポンを使えば下記のような作品を激安で購入できます

 

\人気作、旬な作品がぜんぶ割引/

割引対象作品

クーポン内容は100冊40%OFFや70%OFFと破格な内容なので、逆に定価で買ってしまうと、かなり損をする可能性があります

まだゲットしていない人は、以下より詳細を確認してクーポンをゲットしてください!

 

\期間限定/

無料でゲット!!

 

dブックは家族でアカウント共有できる?何台まで複数端末利用できるか解説

何台まで利用できる?dブックとdマガジン合計10台まで
家族で共有できる?できる
家族以外に共有できる?できない
端末は何が使える?パソコン、スマートフォン、タブレット

dブックのアカウント共有について表にまとめました。

それぞれ深堀していきますね。

dブックは何台まで利用できる?

dブックとdマガジン合計10台まで利用可能です。

公式ホームページを確認したところ、dブックのみの台数についての記載はありませんでした。

ですが、1つのdアカウントに対して合計10台共有できるそうです。

dブックのみの台数に関しては、公式的にアナウンスしていないです。

dブックは家族で共有できる?

家族との共有は可能です。

dブックはマルチデバイス機能がありますので、共有してよいと言えるでしょう。1つのdアカウントで、dブックとdマガジン合計10台共有できます。

つまり、docomoユーザーであるならば、家族間での共有はすぐにできるというこでもあります。

両親や兄弟の方と、書籍などを一緒に共有できるのはうれしいですね。

ただ、見られたくないものを買ってしまうと、共有することになるので気を付けましょう。

dブックは家族以外に共有できる?

できません。

家族以外の方と共有すると、利用規約に接触します。

下の利用規約をご覧ください。

第8条 (禁止事項)

⑩対象コンテンツ等について、複製、公衆送信(自動公衆送信の場合にあっては、送信可能化を含みます。)、伝達、譲渡、貸与、変形、翻案等の利用を行うなど、対象コンテンツ等を第7条(知的財産権等)に定める範囲を超えて利用し、又は使用する行為

出典:dブック

貸与は禁止と書かれているので、友人や会社の同僚の方と共有して利用されますと、法に触れることになります。

家族以外の方と共有することは止めましょう。

dブックで端末は何が使える?

dブックではパソコン、スマートフォン、タブレットで使用可能です。

スマートフォンには対応できない機種も存在します。

下の推奨環境をご覧ください。

  • android:OS5.0~13.0
  • iPhone:12.0~16.1
  • iPad:12.0~12.5もしくは13.1~16.0
  • パソコン:Windows10以上
  • Mac:10.6 以上

公式ページに一覧が載っていますのでご確認ください。

dブックでアカウントを共有する方法

見たい端末でログインしてください。

すると、共有することができます。

dブックでアカウント共有を解除する方法

dブックとdマガジンの合計で10台を超えようとすると、登録できない旨のメッセージが表示されます。

登録端末の一覧が表示されますので、解除したい端末を選択すると解除できます。

まとめ:dブックでアカウントの共有は10台まで可能!

本記事では、dブックのアカウント共有について解説しました。

結論、dマガジンと合わせて10台まで共有できます。

何台まで利用できる?dブックとdマガジン合計10台まで
家族で共有できる?できる
家族以外に共有できる?できない
端末は何が使える?パソコン、スマートフォン、タブレット

dマガジンも一緒に利用するのであれば、dブックを利用しておけば共有も管理も楽です。

ただし、こちらの家族で電子書籍アカウントを共有する方法【違法ではありません】で解説するとおり、アカウント共有は注意点があるので理解しておきましょう。

dブックまとめ

電子書籍の基礎

-アカウント共有