家族で電子書籍アカウントを共有する方法【違法ではありません】

家族で電子書籍アカウントを共有する方法【違法ではありません】

家族と電子書籍アカウントを共有して使いたいんだけど、どうすればいいの?

 

このような疑問にお答えします。

 

本記事の執筆者

本記事の執筆者

Twitter(@k03mind):かずき

 

今回は電子書籍アカウントを家族で共有する方法について解説します。

 

結論から言うと、マルチデバイス機能のある電子書籍サイトであればどこでもOK。

 

詳しくは記事を読み進めていただけるとわかりますよ。

 

また、電子書籍サイトを共有する際の注意点がありますので、そちらも解説しますね。

 

それでは本題に入りましょう。

 

家族と電子書籍アカウントを共有する方法

家族と電子書籍アカウントを共有する方法

 

さて、さっそくですが家族と電子書籍アカウントを共有する方法を解説していきます。

 

アカウント共有について

  • マルチデバイス機能が必要
  • アカウント共有の具体的イメージ
  • マルチデバイス機能がある主要電子書籍サイト

 

アカウント共有について上記の3点に分けて詳しく解説していきます。それではどうぞ☟

 

電子書籍アカウント共有にはマルチデバイス機能が必要

 

まず第一に、電子書籍アカウントを共有するには、"マルチデバイス機能"というものが必要です。

 

【マルチデバイスとは】

マルチデバイスとは、コンテンツやサービス、ソフトウェアなどが様々な種類の機器(device)から等しく利用できること。また、様々な種類の機器が混在し、相互に連携できること。そのような状態にすることを「マルチデバイス化」「マルチデバイス対応」という。

weblio辞書より引用

 

上記はマルチデバイスについてweblio辞書から引用したものになりますが、少し堅苦しいので要約します☟

 

要約すると、スマホ・PC・タブレットなどの複数の機器から、同時にサービスを利用できるという意味。

 

"電子書籍アカウントを家族で共有する"に置き換えてもう少し砕けて言うと、お父さんはPCで、お母さんはタブレットで、子供はスマホで電子書籍を利用できるということです。

 

ん~まだちょっとわかりにくいかも。。。

 

OKです。さらに深堀しますね。

 

アカウント共有の具体的イメージ

 

電子書籍アカウントを共有する具体的なイメージを解説します。

 

イメージとしては、"電子書籍上にある一つの架空の本棚をみんなで共有する"です。

 

いわゆる、学校にある図書室のようなもの。生徒が本を読もうと思えば、図書室に行って本を借ります。運動場にあるわけないですよね?

 

本を借りたければ、図書室に行きます。でも、借りることのできる人は"学校の生徒"だけで、一般の人は借りれません。

 

つまり、学校の図書室を利用できる人は、利用しても良いという"資格のある人"だけです。

 

これが電子書籍上で行われているのです。

 

まとめると、アカウントを共有するとはその図書室=架空の本棚に出入りを許され、本棚を利用することができるようになるということですね。

 

さて、これで"電子書籍アカウントを共有する"については理解できたかと思います。

 

しかし、そもそもの話、アカウントを共有するにはマルチデバイスに対応していないとダメです。

 

ということで、続いてはマルチデバイス機能がある主要電子書籍サイトについてまとめておきます。

 

マルチデバイス機能がある主要電子書籍サイト

 

さっそくですが、マルチデバイス機能がある電子書籍サイトとして、主要10社をまとめました☟

 

電子書籍ストアマルチデバイス台数
ebookjapan最大5台
漫画全巻ドットコム最大5台
コミックシーモア最大5台
DMM電子書籍無制限
honto最大5台
BOOK☆WALKER最大7台
Kindle Unlimited最大6台
U-NEXT最大5台
FOD最大5台
music.jp最大5台

 

電子書籍ストアとしては上記の10社が主要あり、こちらの[最新版]電子書籍ストア12社を徹底比較「厳選3社+用途別のおすすめストア」で解説しているサイトです。

 

それぞれのストアでもう少し詳しく知りたい方は是非読んで見てください。

 

複数端末利用できるストアを探しているのに、1台しか利用できない"まんが王国"や"Renta!"を利用してはダメですからね。注意しましょう。

 

さて、ここまでで電子書籍アカウントを共有する方法を解説しました。

 

ここまで長々と解説してきましたが、結局のところ電子書籍アカウントを共有する方法は、"マルチデバイスに対応"しているか確認すればOKです。

 

とはいえ、アカウント共有の方法がわかったからといってすぐに行動してはダメ。知っておかなければならない注意点がありますので、理解しておきましょう。

 

電子書籍アカウント共有の際の注意点

電子書籍アカウント共有の際の注意点

 

最後に電子書籍アカウントを共有する際の注意点を解説しておきます☟

 

注意ポイント

  • 何を読んだかバレる
  • 勝手に本を購入される
  • 購入した本が被る可能性がある

 

注意点は上記の3つ。1つずつ見ていきましょう。

 

1.何を読んだかバレる

 

電子書籍アカウントを共有すると、自分が読んだ本は必ずバレます。家族で共有する際は特に注意しましょう。

 

別に知られても良いけど?と思う方もいるかもしれませんが、中には家族に秘密にして読んでいる本がある人もいますよね。。。

 

BLやらアダルトジャンルやら。。。

 

そのような秘密の本は、アカウントを共有すると確実にバレるので注意しましょう。

 

バレたくなければ共有してはダメ。

 

2.勝手に本を購入される

 

アカウントを共有するので、登録する個人情報も一つです。

 

恐らくですが、クレジットカードの情報を登録しているはずなので、もしアカウントを共有していた場合、勝手に購入される可能性があります。

 

なので、勝手に購入される前に、事前に本の購入に関してのルールを決めておいた方が良いですよ。

 

3.購入した本が被る可能性がある

 

こちらはよくある話です。

 

例えば、家族2人が漫画「キングダム」を読んでいたとします。

 

新刊が発売されたので、外出先で購入して、家に帰ってから読もうと思っています。しかし、共有者も同じことを考えていて、本を購入していました。

 

このようなケースから購入した本が被る可能性があります。

 

なので、家族で同じ本を読んでいる場合は、どちらが購入するかあらかじめ決めておきましょう。

 

以上、電子書籍アカウントを共有する際の注意点3つでした。しつかりと理解してからアカウントを共有しましょうね。

 

それではまとめに入ります。

 

まとめ:電子書籍アカウントを共有する方法

まとめ:電子書籍アカウントを共有する方法

 

本記事では電子書籍アカウントを共有する方法について解説しました。

 

結論、マルチデバイスに対応しているサイトを選択すればOKです。

 

具体的には下記の10社の中で選択すれば問題なし☟

 

電子書籍ストアマルチデバイス台数
ebookjapan最大5台
漫画全巻ドットコム最大5台
コミックシーモア最大5台
DMM電子書籍無制限
honto最大5台
BOOK☆WALKER最大7台
Kindle Unlimited最大6台
U-NEXT最大5台
FOD最大5台
music.jp最大5台

 

すべて主要な電子書籍ストアで、サービスも豊富です。

 

上記の10社については、こちらの[最新版]電子書籍ストア12社を徹底比較「厳選3社+用途別のおすすめストア」で詳しく解説しているので、それぞれのサービスが気になる方はどうぞご覧ください。

 

また、最後に当サイトのまとめ記事を下記に載せておきます。

 

どこの電子書籍ストアを利用するか悩んでいる人は、間違いなく解決できますよ☟

 

 


-初心者向け情報

© 2020 暇つぶし漫画ブログ Powered by AFFINGER5