家族で電子書籍アカウントを共有する方法【違法ではありません】

家族で電子書籍アカウントを共有する方法【違法ではありません】

2020年8月6日

 

家族と電子書籍アカウントを共有して使いたいんだけど、どうすればいいの?

 

このような疑問にお答えします。

 

 

今回は電子書籍アカウントを家族で共有する方法について解説するのですが、結論から言うとマルチデバイス機能のあるストアであればどこでもOK。

ただ、あることを気を付けなければ違法になるので、本記事でしっかり解説しますね。

 

本記事の執筆者

本記事の執筆者

Twitter(@k03mind)

 

当サイトを運営する私は、電子書籍を3年以上利用しているヘビーユーザー。

利用者目線で記事を書いているので、情報の信頼性は高いと自負しています。

 

家族と電子書籍アカウントを共有する方法【違法ではない】

家族と電子書籍アカウントを共有する方法【違法ではない】

 

さっそくですが、家族と電子書籍アカウントを共有する方法を解説していきます。

 

アカウント共有について

  • マルチデバイス機能が必要
  • アカウント共有の具体的イメージ
  • マルチデバイス機能がある主要電子書籍サイト

 

アカウント共有について上記の3点に分けて詳しく解説していきます。

それでは1つずつ解説しますね。

 

電子書籍アカウント共有にはマルチデバイス機能が必要

スマホ・PC・タブレットなどの複数の機器から同時サービスを利用できる機能が必要

まず第一に、電子書籍アカウントを共有するには、"マルチデバイス機能"というものが必要です。

 

【マルチデバイスとは】

マルチデバイスとは、コンテンツやサービス、ソフトウェアなどが様々な種類の機器(device)から等しく利用できること。また、様々な種類の機器が混在し、相互に連携できること。そのような状態にすることを「マルチデバイス化」「マルチデバイス対応」という。

weblio辞書より引用

 

上記はマルチデバイスについてweblio辞書から引用したものですが、少し堅苦しいので要約すると、「スマホ・PC・タブレットなどの複数の機器から、同時にサービスを利用できる」という意味。

"電子書籍アカウントを家族で共有する"に置き換えてもう少し砕けて言うと、お父さんはPCで、お母さんはタブレットで、子供はスマホで電子書籍を利用できるということです。

 

ん~まだちょっとわかりにくいかも。。。

 

OKです。さらに深堀しますね。

 

アカウント共有の具体的イメージ

アカウントを共有できる資格を持つ

イメージとしては、"電子書籍上にある一つの架空の本棚をみんなで共有する"です。

 

1つの物をみんなで共有する。

 

いわゆる、学校にある図書室のようなもので、生徒が本を読もうと思えば図書室に行って本を借ります。運動場にあるわけないですよね?

本を借りたければ、図書室に行きます。でも、借りることができる人は"学校の生徒"だけで、一般の人は借りれません。

 

つまり、学校の図書室を利用できる人は、利用しても良い"資格のある人"だけです。

これが電子書籍上で行われているのです。

 

まとめると、

アカウントを共有するとは、その図書室=架空の本棚に出入りを許され、本棚を利用することができるようになる

ということですね。

 

さて、これで"電子書籍アカウントを共有する"については理解できたかと思います。

しかし、そもそもの話、アカウントを共有するにはマルチデバイスに対応していないとダメです

 

ということで、続いてはマルチデバイス機能がある主要電子書籍ストアについてまとめますね。

 

マルチデバイス機能がある主要電子書籍ストア

電子書籍ストアマルチデバイス台数
ebookjapan最大5台
漫画全巻ドットコム最大5台
コミックシーモア最大5台
DMM電子書籍無制限
honto最大5台
BOOK☆WALKER最大7台
Kindle Unlimited最大6台
U-NEXT最大5台
FOD最大5台
music.jp最大5台

 

マルチデバイス機能がある電子書籍ストアとして、主要10社を上記にまとめました。

電子書籍ストアとしては主要であり、僕も利用しているストアです。

 

どんなストアか知りたい方は、こちらの[完全版]電子書籍ストアおすすめ12選を厳選比較で解説しているのでどうぞご覧ください。

 

尚、"まんが王国"や"Renta!"は複数端末の利用ができないので注意です。

 

ストアを選ぶ前にマルチデバイス機能があるのか調べよう!

 

さて、ここまでで電子書籍アカウントを共有する方法を解説しました。

ここまで長々と解説してきましたが、結局のところ電子書籍アカウントを共有する方法は、"マルチデバイスに対応"しているか確認すればOKです。

 

とはいえ、アカウント共有の方法がわかったからといってすぐに行動してはダメ。知っておくべき注意点があるので、理解しておきましょう。

 

電子書籍アカウント共有の際の注意点【違法になる可能性あり】

電子書籍アカウント共有の際の注意点【違法になる可能性あり】

 

最後に電子書籍アカウントを共有する際の注意点を解説しておきます。

 

注意ポイント

  1. 友達などの共有は違法になる可能性が高い
  2. 何を読んだかバレる
  3. 勝手に本を購入される
  4. 購入した本が被る可能性がある

 

注意点は上記の4つ。1つずつ見ていきましょう。

 

①友達などの共有は違法になる可能性が高い

家族同士でアカウントを共有することは違法ではないですが、友達同士や社内の人と共有すると違法になる可能性が高いです。

これは電子書籍ストアごとで異なるので、友達同士や社内で共有したい方は必ず規約を読みましょう。

 

②何を読んだかバレる

秘密の本は必ずバレます

電子書籍アカウントを共有すると自分が読んだ本は必ずバレます。家族で共有する際は特に注意。

別に知られても良いけど?と思う方もいるかもしれませんが、中には家族に秘密にして読んでいる本がある人もいますよね。。。

 

アダルト本とか。。。

 

そのような秘密の本は、アカウントを共有すると確実にバレるので注意しましょう。

バレたくなければ共有してはダメ。

 

③勝手に本を購入される

クレジットを勝手に利用される可能性あり

アカウント共有の際、登録する個人情報は1つ。

恐らくクレジットカードの情報を登録しているはずなので、もしアカウントを共有していた場合、勝手に購入される可能性があります。

 

なので、勝手に購入される前に、事前に本の購入に関してのルールを決めておいた方が良いですよ。

 

④購入した本が被る可能性がある

同じ本を購入する可能性がある

こちらはよくある話。例えば、家族2人が漫画「キングダム」を読んでいたとします。

新刊が発売されたので、外出先で購入して、家に帰ってから読もうと思っています。しかし、共有者も同じことを考えていて、本を購入していました。

 

このようなケースから購入した本が被る可能性があります。

なので、家族で同じ本を読んでいる場合は、どちらが購入するかあらかじめ決めておきましょう。

 

二重買いは損です。。。

 

以上、電子書籍アカウントを共有の際の注意点でした。もう一度まとめておきます。

 

注意ポイント

  1. 友達などの共有は違法は違法になる可能性が高い
  2. 何を読んだかバレる
  3. 勝手に本を購入される
  4. 購入した本が被る可能性がある

 

どれも注意しなければならないことですが、その中でも①の"友達との共有"には注意してください。

違法になる可能性が高いです。

 

必ず利用前に規約を読んでくださいね。

 

電子書籍の共有ができるおすすめストア【用途別】

電子書籍の共有ができるおすすめストア【用途別】

  • 漫画を読むならebookjapan
  • ビジネス書を読むならKindleストア
  • 大人コミックならDMMブックス
  • BL作品を読むならコミックシーモア
  • 小説・文芸・ラノベを読むならBOOK☆WALKER

さて、ここからは電子書籍の共有ができるおすすめのストアについて、上記の通りジャンル別で分けました。詳細を解説しますね。

 

漫画を読むならebookjapan

漫画を読むならebookjapan

ストア名ebookjapan
運営会社(株)イーブックイニシアティブジャパン
セール・キャンペーン
  • 無料登録で6冊分に使える半額クーポンが配布される
  • 漫画のセール・キャンペーンが多い
  • Yahoo!プレミアム会員ならポイント還元が20%(毎週金曜日)
  • 無料で2,000冊以上読める
端末数5台

漫画が読めるストアで選ぶなら、共有できる端末数が5台のebookjapanが最適です。セール・キャンペーンでとにかく漫画を安く購入できます。

最新のセール・キャンペーン情報は、こちらの【格安!!】ebookjapanのセール・キャンペーン情報【過去分も掲載】をどうぞ。

 

そしてセール・キャンペーンよりも素晴らしいのは、クーポンの配布。下記の通り、ebookjapanでは様々なクーポンが配布されます。

 

配布されるクーポン

  1. 初回特典の50%OFFクーポン
  2. 毎週水曜日に配布される30%OFFクーポン
  3. 毎週土日に配布される15%OFFクーポン
  4. 2回目以降に使える5%OFFクーポン

関連記事ebookjapanの初回半額(500円×6回)クーポンがお得すぎる件

関連記事【ebookjapan】クーポンの使い方と使えないときの理由を解説

 

他にもポイント還元が素晴らしく、イベント時は還元率が50%を超えることも。下記の画像は2021年の夏のPayPay祭りです。

 

夏のpaypay祭り

 

 

ここまでお得に漫画を購入できるストアは他にはありません。それはこちらのとにかく漫画が安いおすすめ電子書籍ストア10選【損をしない電子書籍を大公開】で解説している通りです。

今なら無料登録で6回使える半額クーポンをGETできるので、お得に漫画を購入するなら下記リンクをどうぞご活用ください。

 

\漫画が安い/

無料登録で半額クーポンGET!!

 

尚、ebookjapanについてさらに詳しく知りたい人は、こちらの【ebookjapanの口コミ・評判】デメリット・メリットも隠さず解説。をどうぞ。

 

 

ビジネス書を読むならKindleストア

ビジネス書を読むならKindleストア

ストア名Kindle
運営会社Amazon.com
特徴
  • 品揃えが豊富:5万冊以上
  • 電子書籍業界でNo.1の利用率
  • 日替わり、月替わりでセール実施
  • 読み放題サービスのKindle Unlimitedが素晴らしい
端末数6台

ビジネス書を読むなら、共有できる端末数が6台までのKindleが最適です。こちらのビジネス書が読めるおすすめ電子書籍ストア9選【ランキング形式で紹介】でも解説しますが、取り扱い数が多く日常的に安くビジネス書を購入できます。

他にも、こちらの[最新版]Kindle Unlimitedのリアルすぎる口コミ・評判。メリット・デメリットも解説で解説しますが、200万冊以上が読み放題になるサービスも展開しており、ビジネス書を読むならKindleストア以外はありえないと言っても過言ではありませんよ。

 

\業界No.1の利用率/

初心者が選ぶべき電子書籍

 

尚、Kindleストアについてさらに詳しく知りたい人は、こちらのKindleストアの口コミ・評判。メリット・デメリットも網羅的に解説するをどうぞ。

 

 

大人コミックを読むならDMMブックス

大人コミックを読むならDMMブックス

ストア名DMM電子書籍
運営会社合同会社DMM.com
特徴
  • オトナコミックに強い
  • 初回特典が破格すぎる
  • スーパーセールが最強
  • ポイント還元率が高い
端末数無制限

大人コミックを読むなら、共有できる端末数が無制限のDMM電子書籍が最適です。ポイント還元率が高いことで有名ですが、それ以上に長期休暇中のスーパーセールがやばい。

期間はだいたい年末年始、GW、お盆で、ストア内のほとんどの作品が半額or半額分のポイントがキャッシュバックされます。ここまで大人コミックをお得に購入できるストアはないですよ。

 

\絶賛セール中!!/

無料登録で50%OFFクーポンGET!!

 

尚、DMMブックスについてさらに詳しく知りたい人は、DMM電子書籍(DMMブックス)の口コミ・評判。デメリット・メリットも解説をどうぞ。

 

 

BL作品を読むならコミックシーモア

BL作品を読むならコミックシーモア

ストア名コミックシーモア
運営会社NTTソルマーレ(株)
特徴
  • 初回特典が2種類
  • 読み放題やレンタルサービスがある
  • BL作品の取り扱いが豊富
端末数5台

BL作品を読むなら、共有できる端末数が5台のコミックシーモアが最適です。BL作品の取り扱いが豊富で、2種類の初回特典でお得に購入できます。

今なら下記のリンクから無料で登録することで初回特典をGETすることができますよ。

 

\BL・TL作品が豊富/

無料登録で2種類の特典GET!!

 

尚、コミックシーモアについてさらに詳しく知りたい人は、[辛口評価]コミックシーモアの口コミ・評判+メリット・デメリットを徹底解説をどうぞ。

 

 

小説・文芸・ラノベを読むならBOOK☆WALKER

小説・文芸・ラノベを読むならBOOK☆WALKER

ストア名BOOK☆WALKER
運営会社(株)ブックウォーカー
セール・キャンペーン
  • 初回購入金額の半額分をコイン還元
  • 予約購入でコイン還元5%or10%
  • まる読み10分で無料で読める
  • 読み放題サービスがある
  • 限定特典付きのラノベがある

小説・文芸・ラノベを読むなら、共有できる端末数が7台のBOOK☆WALKERが最適です。品揃えが多いことも魅力ですが、それ以上にコインの還元が素晴らしいです。

また、下記の記事でも解説しますが、BOOK☆WALKERはランキング1位でもあります。

 

 

日常的にセール・キャンペーンでお得に還元できるし、予約購入で還元率がアップするなどの珍しいサービスも展開しています。

今なら下記のリンクから無料で登録することで、初回購入金額の半額分がコインで還元される権利を得ることができるので、お得に本を購入したいならご活用ください。

 

\初回特典がやばい!!/

無料登録で初回特典GET!!

 

尚、BOOK☆WALKERについてさらに詳しく知りたい人は、こちらのBOOK☆WALKERのリアルな口コミ・評判やデメリットを解説。をどうぞ。

 

 

まとめ:電子書籍アカウントを共有する方法【違法ではない】

まとめ:電子書籍アカウントを共有する方法

 

本記事では電子書籍アカウントを共有する方法について解説しました。

結論、マルチデバイスに対応しているサイトを選択すればOKです。具体的には下記の10社の中で選択すれば問題なし。

 

電子書籍ストアマルチデバイス台数
ebookjapan最大5台
漫画全巻ドットコム最大5台
コミックシーモア最大5台
DMM電子書籍無制限
honto最大5台
BOOK☆WALKER最大7台
Kindle Unlimited最大6台
U-NEXT最大5台
FOD最大5台
music.jp最大5台

 

すべて主要な電子書籍ストアで、サービスも豊富です。上記の10社については、こちらの[完全版]電子書籍ストアおすすめ12選を厳選比較で詳しく解説しているので、それぞれのサービスが気になる方はどうぞご覧ください。

 

また、当サイトでは本記事のような電子書籍初心者向けの記事を網羅しています。他にもお悩み解決記事はたくさんあるので、何か悩みがあれば下記の記事を参考にしてください。

 

-初心者向け情報