電子書籍はなぜ高いと言われるのか?理由を徹底的に解説する

電子書籍はなぜ高いと言われるのか?理由を徹底的に解説する

2020年8月1日

 

本を買うとき、電子書籍で買うと高いと聞いたけど本当なの?

 

このような疑問にお答えします。

 

 

今回は電子書籍で本を買うと高いのか?という疑問にお答えするのですが、先に結論を言ってしまうと、安いです。

とある勘違いから高いと言われるんですよね。

 

詳しくは本記事の前半で電子書籍が安い理由を、後半で電子書籍が高いと言われる理由を解説します。

 

また、最後には電子書籍が安いおすすめのストアについてご紹介します。

本記事を読めば、”電子書籍がなぜ高いと言われるのか?”を理解できますよ。

 

  • 本記事の執筆者

kazuki

【電子書籍にハマること6年以上】 電子書籍ストア・漫画アプリを10個以上利用中 | おすすめの電子書籍ストア・漫画アプリや格安で漫画を購入する方法を、実際に利用中の私が誰よりもわかりやすく解説します。

 

No.1電子書籍ストア

Amebaマンガ

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】

Amebaマンガでは期間限定で100冊半額クーポンを配布中。ここまで破格なクーポンは他の電子書籍ストアでは配布していません。

いつ配布が終了するかわからないですが、配布終了のカウントダウンは始まっていると思ってください。(会員登録特典のポイント、半額クーポンは予告なく変更・終了する場合がございますのでご了承ください

関連記事「初回半額100冊」電子書籍で割引クーポン・初回特典を配布しているストア9選

 

電子書籍は高い?いいえ、安いです。

電子書籍は高い?いいえ、安いです。

さて、電子書籍が高いと言われている件についてなのですが、冒頭でも言いました通り"安い"です。

わかりやすいよう次の3つに分けて解説します。

 

  1. 電子書籍と紙媒体の価格で比較
  2. 電子書籍には様々なセールがある
  3. そもそも無料で読める作品が多数ある

 

それでは1つずつ解説していきますね。

 

①電子書籍と紙媒体の価格で比較

①電子書籍と紙媒体の価格で比較

作品名価格(Kindleストア)価格(Amazon通販)
キングダム¥564(税込み)¥594(税込み)
進撃の巨人¥462(税込み)¥495(税込み)
メモの魔力¥1,463(税込み)¥1,540(税込み)
嫌われる勇気¥1,320(税込み)¥1,650(税込み)

上記はAmazon通販と、Amazonが運営する電子書籍ストアであるKindleの価格を比較したものです。

いきなり答えが出ましたが、電子書籍(Kindleストア)の方が安いことがわかります。

 

今回は有名な作品で比較しましたが、どの作品で比較しても結果は同じで、ほとんどの場合が電子書籍の方が安いんですよね。

 

②電子書籍には様々なセール・キャンペーンがある

②電子書籍には様々なセール・キャンペーンがある

紙の本以上にセールが豊富で安い

紙の本でもセールはありますが、電子書籍には遠く及びません。

というのも、電子書籍では無料登録するだけで50%OFFクーポンをGETできたり、"GWセール"などのイベント期間中は全品20%OFFなどを平気で開催します。

 

例えば

  • 漫画に強いebookjapanなら無料で登録するだけで6回使用できる半額クーポンを配布
  • BookLive!は毎日クーポンガチャを回せてお得なクーポンをGETできる
  • 楽天Koboは楽天サービスを使えば最大で16%ポイントが還元される

など。

 

電子書籍も紙媒体も、先ほどの価格表で電子書籍の方が安いということがわかっていますので、セールの多い電子書籍の方がさらに安く購入できることがわかります。

 

ebookjapan
【ebookjapanの口コミ・評判】デメリット・メリットも隠さず解説。

続きを見る

[BookLive!の口コミ・評判]4つのデメリットと7つのメリットを必ず理解しよう

続きを見る

5位:楽天Kobo【楽天ユーザーはポイント還元が素晴らしい】
楽天Koboの口コミ・評判「誰も教えてくれないメリット・デメリットも解説」

続きを見る

 

③そもそも無料で読める作品が多数ある

③そもそも無料で読める作品が多数ある

誰にも注意されず無料で読める

先に解説した「電子書籍の値段の方が紙より安い」、「電子書籍はセールが豊富」ということから、電子書籍は高くなく、むしろ安いということがわかったかと思います。

しかし、そもそもの話、電子書籍はお金が必要ない場合が多々ありまして、というのも無料作品が非常に多いので、そもそも買わなくても大丈夫。

 

例えば、

  • BookLive!:16,000冊以上が無料
  • ebookjapan:5,000冊以上の漫画が無料
  • 楽天Kobo:2,700冊以上の本が無料

など。

 

紙の本を無料で読むためには本屋で立ち読みしなければいけませんが、店員によく思われなかったり、注意されたりしますよね。

しかし、電子書籍ストアでは"無料コーナー"が最初から設けられているので、誰にも注意されずに本を無料で読めます

 

基本的にどの電子書籍ストアでも無料で本を読めるので、そもそもお金はかからないんですよね。

 

安い+無料のコンボです。

 

以上、電子書籍は高くはなく、むしろ安い理由についてでした。

普通に考えれば安いとわかります。では、なぜ高いと言われれているのでしょうか?こちらは明確な理由がありますので、次の項で解説していきます。

 

電子書籍が高いと言われる理由

電子書籍が高いと言われる理由

  1. 電子書籍なのに、定価だと紙の本と値段が同じだから
  2. 電子は実物として存在せず、購入満足度が得られない
  3. 電子書籍には"中古"がないため安く見えない

電子書籍が高いと言われる理由は上記の3つ。

理由を1つずつ解説していきますね。

 

①電子書籍なのに、定価だと紙の本と値段が同じだから

①電子書籍なのに、定価だと紙の本と値段が同じだから

"工数がかからない分、安くできるはず"という願望

電子書籍は人件費や印刷代等がかかっていないように見えるので、「電子書籍なんだから安く売れよ!」というように思われがち。

しかし、先に解説した電子書籍と紙媒体の価格表で電子書籍の方が安いことがわかっているので、これはただの思い込み+勘違いです。

 

とはいえ、電子書籍は紙の本の3分の1くらいの値段にできるそうなので、それと比べると高いかもしれません。(詳しくはこちらでまとめてくれています。)

 

しかし、それをすると本屋で誰も買わないですよね。売れなくなると当然、全国の本屋は潰れます。それはそれで沢山の人が文句を言うでしょう。

現状、著作権等の問題ですべての本が電子書籍で販売できないことから、紙の本を取り扱う本屋は残ってもらわなければ困る人が大勢います。

 

そのため、値段設定にあきらかな差が出ないように、定価を大幅に安くすることはできないのです。

尚、電子書籍化できない理由については、こちらの【戦犯は作家!?】読みたい本が電子書籍化されない4つの理由を徹底解説で解説しているので、気になる方はどうぞご覧ください。

 

②電子は実物として存在せず、購入満足度が得られない

②電子は実物として存在せず、購入満足度が得られない

実物が手元にないと物の価値が低いと感じる

続いては個人の問題で、実物として存在しない電子書籍では満足度があまり得られないことが原因として挙げられます。

というのも、本棚に並べられるのと、電子として保管するのとでは購入満足度は違いますよね。(※手元にないと価値が低く感じる)

 

わからなくもないですが、だからと言って「安くしろ!」は違う気もするので、「購入満足度を得たいなら電子書籍を、安さ・利便性を求めるなら電子書籍」というように、使い分けましょう。

 

③電子書籍には"中古"がないため安く見えない

③電子書籍には"中古"がないため安く見えない

100円以下で購入できる作品が少ない

3つ目の理由としては、電子書籍には紙の本とは違い"中古"というものが存在しないからです。

普段から中古作品を購入していた人からすれば、確かに高く見えるかもしれませんね。中古なら100円以下で買える作品も多くありますし。

 

現状、電子書籍には中古作品という概念が存在しないので、中古作品ほど安い本はほとんどないと言えるでしょう。

ただ、だからと言って電子書籍=高いとはならないので、これもちょっとした思い込みです。

 

電子書籍が安いおすすめストア【ジャンル別】

電子書籍が安いおすすめストア【ジャンル別】

  • 漫画が安いおすすめストア
  • ビジネス書が安いおすすめストア
  • 小説・文芸が安いおすすめストア
  • ライトノベルが安いおすすめストア

最後に、上記の通りジャンル別で電子書籍が安いおすすめストアについて公開します。

それでは1つずつ公開しますね。

 

漫画が安いおすすめストアランキング

  • 1位:ebookjapan
  • 2位:コミックシーモア
  • 3位:まんが王国
  • 4位:楽天Kobo
  • 5位:DMMブックス
  • 6位:BookLive!
  • 7位:BOOK☆WALKER
  • 8位:honto
  • 9位:Reader Store
  • 10位:Kindleストア

漫画が安いおすすめストアランキングは上記の通り。詳しくはこちらのとにかく漫画が安いおすすめ電子書籍ストア10選【損をしない電子書籍を大公開】で解説しますが、とりあえずebookjapanを利用しておけば間違いないです。

 

漫画のセール・キャンペーン、さらにはポイント還元率が優れており、"漫画を購入できる最強ストア"と言われるだけはあります。

 

安くなる漫画もマイナー作品だけではなく、有名どころも安くなります。例えば以前、以下画像のように漫画を安く・お得に購入できました。

 

ebookjapanのセール

 

五等分の花嫁などはかなり人気の高い作品ですよね。セール情報は定期的に更新されるので、詳しくは【格安!!】ebookjapanのセール・キャンペーン情報【過去分も掲載】で確認してください。

他にもクーポン配布が素晴らしく、下記の通り様々なクーポンが配布されます。

 

配布されるクーポン

  1. 初回特典の50%OFFクーポン
  2. 毎週水曜日に30%OFFクーポン
  3. 毎週土日に15%OFFクーポン
  4. 2回目以降に使える5%OFFクーポン

関連記事ebookjapanの初回半額(500円×6回)クーポンがお得すぎる件

関連記事【ebookjapan】クーポンの使い方と使えないときの理由を解説

 

さらにさらに、ポイント還元も素晴らしいです。特に金曜日は破格で、イベントではない通常日でも還元率20%となります。

そしてイベント日では50%を超えることも。下記画像は夏のPayPay祭りです。

 

夏のpaypay祭り

 

ebookjapanのポイント還元率は他ストアを凌駕します。詳しくは【徹底比較】電子書籍のポイント還元率が高いおすすめストアランキングをどうぞ。

漫画を読むのであればebookjapn以上のストアはないので、思考停止で利用してOK。今なら下記のリンクから半額クーポンをGETできますよ。

 

\漫画が安い/

無料で半額クーポンGET!!

 

また、ebookjapanの口コミ・評判などは、【ebookjapanの口コミ・評判】デメリット・メリットも隠さず解説。をどうぞ。リアルな評価をまとめています。

 

 

ビジネス書が安いおすすめストアランキング

  • 1位:Kindleストア
  • 2位:楽天Kobo
  • 3位:Reader Store
  • 4位:honto
  • 5位:DMMブックス
  • 6位:BookLive!
  • 7位:ebookjapan
  • 8位:コミックシーモア
  • 9位:BOOK☆WALKER

ビジネス書が読めるおすすめのストアランキングは上記の通り。詳しくはこちらのビジネス書が読めるおすすめ電子書籍ストア9選【ランキング形式で紹介】で解説しますが、とりあえずKindleを利用しておけば間違いないです。

 

Kindleは品揃え・利用率が業界No.1であり、安全性・信頼性の高いストア。

セール・キャンペーンも日替わり・月替わりで更新されていくので、たくさんの本を安く購入できます。

 

他にも200万冊以上が読める"読み放題サービス"があり、ビジネス書も読めます。詳しくはこちらの[最新版]Kindle Unlimitedのリアルすぎる口コミ・評判。メリット・デメリットも解説をどうぞ。

これ以上お得に読めるストアはないので、ビジネス書を読むならKindleストアを利用しましょう。

 

\業界No.1の利用率/

初心者が選ぶべき電子書籍

 

尚、kindleストアの口コミ・評判はKindleストアの口コミ・評判。メリット・デメリットも網羅的に解説するをどうぞ。リアルな評価をまとめています。

 

 

小説・文芸が安いおすすめストアランキング

  • 1位:BOOK☆WALKER
  • 2位:Kindleストア
  • 3位:BookLive!
  • 4位:楽天Kobo
  • 5位:Reader Store
  • 6位:honto
  • 7位:DMMブックス
  • 8位:コミックシーモア
  • 9位:ebookjapan

小説・文芸が読めるおすすめのストアランキングは上記の通り。詳しくは電子書籍で小説・文芸が読めるおすすめストア9選【ランキング形式で紹介】で解説しますが、とりあえずBOOK☆WALKERを利用しておけば間違いないです。

 

品揃えが豊富なのも間違いないですが、とにかくコインの還元が素晴らしい。

 

日常的に購入する際にコインの還元もそうですが、初回購入金額の半額分がコインでキャッシュバックされるという破格の初回特典があります。

 

BOOK☆WALKERの初回特典

 

還元額に上限はないので、買えば買うほどお得。

また、セールも豊富で、小説・文芸を日常的に安く購入することもできます。

 

ブックウォーカーのセール

ブックウォーカーのセール

 

これ以上安く・お得に購入できるストアは他にはないので、小説・文芸を読みたいならBOOK☆WALKERを利用しましょう。

 

\初回特典がやばい!!/

無料登録で初回特典GET!!

 

尚、BOOK☆WALKERの口コミ・評判は、BOOK☆WALKERのリアルな口コミ・評判やデメリットを解説。をどうぞ。

 

 

ライトノベルが安いおすすめストアランキング

  • 1位:BOOK☆WALKER
  • 2位:Kindleストア
  • 3位:楽天Kobo
  • 4位:DMMブックス
  • 5位:BookLive!
  • 6位:コミックシーモア
  • 7位:honto
  • 8位:Reader Store
  • 9位:ebookjapan

ラノベが読めるおすすめのストアランキングは上記の通り。詳しくは【徹底比較】ライトノベルが読めるおすすめ電子書籍ストア9社をランキング形式で紹介で解説しますが、とりあえずBOOK☆WALKERを利用しておけばOK。

先ほどの小説・文芸でもそうですが、コインの還元が素晴らしい。他にも独自の還元セールや読み放題サービスが充実しています。

 

  • 初回購入金額の半額分をコイン還元
  • 予約購入でコイン還元5%or10%
  • まる読み10分で無料で読める
  • 読み放題サービスがある
  • 限定特典付きのラノベがある

 

ここまでお得に購入できるストアはないので、ラノベを読むならBOOK☆WALKERをどうぞ。

 

\初回特典がやばい!!/

無料登録で初回特典GET!!

 

関連記事BOOK☆WALKERのリアルな口コミ・評判やデメリットを解説。

 

以上、ジャンル別の電子書籍が安いおすすめストアについてでした。

とくに読みたいジャンルが決まっていないのであれば、初回特典やポイント還元でお得に購入できるストアを選ぶと良いでしょう。

 

おすすめストアは以下をどうぞ。

 

「初回半額100冊」電子書籍で割引クーポン・初回特典を配布しているストア9選
「初回半額100冊」電子書籍で割引クーポン・初回特典を配布しているストア9選

続きを見る

【徹底比較】電子書籍のポイント還元率が高いおすすめストアランキング
【徹底比較】電子書籍のポイント還元率が高いおすすめストアランキング

続きを見る

 

まとめ:電子書籍は高い?←いいえ、安いです

まとめ:電子書籍は高い?←いいえ、安いです

 

以上、電子書籍が高いと言われている件についてまとめました。

本記事の内容をもう一度まとめておきます。

 

電子書籍は高くはなく、むしろ安い理由

  1. 電子書籍と紙媒体の価格で比較すると電子の方が安いことがわかる
  2. 電子書籍には様々なセールがある
  3. そもそも無料で読める作品が多数ある

 

電子書籍が高いと言われる3つの理由

  1. 電子書籍なのに、定価だと紙の本と値段が同じだから
  2. 電子は実物として存在せず、購入満足度が得られない
  3. 電子書籍には"中古"がないため安く見えない

 

結論、電子書籍は紙の本に比べて安いです。

無料で読める作品も多いので、本を安く購入or、無料でお得に読みたいのであれば、電子書籍を利用しましょう。

 

これからは電子書籍の時代!

 

また、最後に当サイトのまとめ記事を下記に載せておきます。

ジャンル別でストアをまとめているので、電子書籍を安く購入したい・お得に読みたいという人は間違いなく満足できるストアに出会えます。

 

 

-初心者向け情報