コミックシーモアはサービス終了の可能性はある?3つの観点から考察

コミックシーモアはサービス終了の可能性はある?3つの観点から考察

「コミックシーモアにサービス終了の可能性はないのかな?利用を検討しているから、安全かどうか教えて!」

そんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • コミックシーモアのサービス終了リスクについて

手軽に読めて便利な電子書籍ですが、購入したストアのサービスが終了した場合は読めなくなるリスクがあります。

そのため、利用する電子書籍ストアで安全に利用を継続できるかどうかは、ユーザーにとってかなり重要ですよね。

そこで本記事では、国内でも人気の電子書籍ストアである「コミックシーモア」について、サービス終了の可能性はないかを考察していきます。

本記事を読めば、コミックシーモアで電子書籍を購入しても問題ないか判断できるため、ぜひ参考にしてください。

コミックシーモアはサービス終了の可能性はある?3つの観点から考察

漫画を中心に国内最大級の品揃えを誇るコミックシーモアですが、実際のところサービス終了の可能性はあるのでしょうか。

結論から申し上げると、コミックシーモアが今後サービス終了する可能性は限りなくゼロに近いです。

なぜなら、コミックシーモアは電子書籍ストア選びに重要な以下3つの項目を十分に満たしているからです。

  • 運営会社の大きさ
  • サービス継続の長さ
  • 利用ユーザーの多さ

上記3つの項目を満たしていれば、信頼できる電子書籍ストアと判断できるため、サービス終了の可能性はほぼありません。

各項目ごとに、コミックシーモアに当てはめて詳細を確認していきましょう。

【コミックシーモア】運営会社の大きさ

コミックシーモアは、通信大手のNTTグループであるNTTソルマーレが運営しています。

NTTと言ったら、日本中の誰もが知っているような大企業ですよね。

そんな誰もが知る大企業のグループが電子書籍のサービスを終了した場合、企業にとってマイナスのイメージがつくため、サービス終了はよっぽどのことがない限りさけるはずです。

例えば、Amazonが運営するKindleが急にサービス終了した場合、primeビデオやprimeミュージックといったAmazon全体のサービスの信用度が下がりますよね。

以上のように、大手企業のNTTグループが運営するコミックシーモアは、企業ブランドの維持のためにもサービス終了の可能性は限りなく低いと言えます。

関連記事【激やば】電子書籍はサービス終了したらヤバい!?【終了サービス一覧と対応事例を公開】

【コミックシーモア】サービス継続の長さ

コミックシーモアは2004年にサービスを開始し、2022年で18周年を迎える電子書籍ストアです。

スマートフォンが普及したのが2010年頃のため、コミックシーモアはガラケーの時代から長く運営されています。

運営歴が長ければ、それだけユーザーから支持を得られるサービスを提供し続けているということなので、安心して利用できるのではないでしょうか。

数ある電子書籍ストアの中でも、コミックシーモアは老舗電子書籍ストアに該当するため、信頼して利用できると言えます。

【コミックシーモア】利用ユーザーの多さ

コミックシーモアの月間利用者数は3,500万人を超えており、多くの人に利用されています。

いくら大企業が母体の電子書籍ストアとはいえ、利用者が少なければ利益を得られずサービスを維持することができません。

その点、コミックシーモアなら日本人の約3人に1人が利用しているため、ストア側も安定して運営を継続できるはずです。

多くのユーザーが信頼して利用するストアのため、今後もサービスは継続していくと予想できます。

まとめ:コミックシーモアはサービス終了の可能性は低い!

本記事では、コミックシーモアのサービス終了リスクについて考察しました。

改めて申し上げると、コミックシーモアのサービス終了リスクは、以下の観点から限りなくゼロに近いです。

  • 通信会社大手のNTTグループが運営するため安心
  • 18年間運営される老舗電子書籍ストアのため安心
  • 月間3,500万人以上の利用者がいるため安心

上記のように、コミックシーモアならサービス終了のリスクが低く、安心して電子書籍を楽しめるはずです。

本記事を読んで、コミックシーモアが信頼できる電子書籍ストアと感じたなら、ぜひ利用を検討してみてください。

-初心者向け情報