楽天Koboは家族でアカウント共有できる?何台まで複数端末利用できるか解説

楽天Koboは家族でアカウント共有できる?何台まで複数端末利用できるか解説

楽天Koboを家族で利用したいけど、アカウント共有はできるのか?

このような疑問にお答えするために、本記事では楽天Koboのアカウント共有について徹底的に解説します。

アカウント共有はできるのか?何台まで利用できるのか?知りたい人は、本記事をどうぞご覧ください。

運営者情報

暇つぶし漫画ブログの編集長

当サイト編集長で電子書籍マニア。電子書籍に関するアンケート、利用体験をもとに、Webライター様とコンテンツを制作しています。

公式Twitterアカウント(@ebook__mania)では、電子書籍情報やおすすめ漫画を毎日発信。フォローの方よろしくお願いします!

漫画が安く買えるクーポン!!

電子書籍のヤバいクーポン

漫画を定価で買う時代は終わり。今は割引価格で漫画を買う時代です。

例えば、クーポンを使えば下記のような作品を激安で購入できます

 

\人気作、旬な作品がぜんぶ割引/

割引対象作品

クーポン内容は100冊40%OFFや70%OFFと破格な内容なので、逆に定価で買ってしまうと、かなり損をする可能性があります

まだゲットしていない人は、以下より詳細を確認してクーポンをゲットしてください!

 

\期間限定/

無料でゲット!!

 

楽天Koboは家族でアカウント共有できる?何台まで複数端末利用できるか解説

何台まで利用できる?何台でも利用できる
家族で共有できる?できる
家族以外に共有できる?できない
端末は何が使える?PC・スマホ・タブレット

楽天Koboのアカウント共有について表にまとめました。

それぞれ深堀していきます。

楽天Koboは何台まで利用できる?

楽天Koboには「マルチデバイス機能」が搭載されているため、同時ログイン可能な端末数に一切の制限がありません。

ちなみに、一般的な電子書籍アプリの共有台数は、多くても5台程度です。

PCやタブレットなど端末を複数持っている人にとって、楽天kobo以上に利用しやすい電子書籍アプリは存在しないでしょう。

楽天Koboは家族で共有できる?

楽天Koboのアカウントは家族で共有できます。

家族それぞれが複数の端末でログインしているような状況でも、楽天Koboであれば台数上限に引っかかるようなことはありません。

なお、小さなお子様と共有する場合は、スマホアプリを使わせるのがおすすめです。

楽天Koboは専用ストアからしか書籍を購入できないため、アプリを使わせておけば子どもの勝手な買い物を防げます。

楽天Koboは家族以外に共有できる?

楽天Koboのアカウントは原則、登録ユーザー本人のみが使用できます。

第三者とアカウントを共有すること自体に特段の罰則規定はないものの、楽天Koboの利用規約は制限事項に関する記述が非常に細かいです。

間接的に何らかの規約に抵触する可能性は決して低くありません。

楽天Koboで端末は何が使える?

  • PC:Windows7以上 / Mac OS10.9以上
  • スマホ:iOS 14.4以上 /Android 7.0以上
  • タブレット:iPad OS14.4以上

楽天Koboで利用できる端末およびOSは以下の通りです。

スマホやタブレットに関しては、かなり新しめのバージョンが要求されます。

とはいえ、PCならWindows7から利用できるので、お手持ちの端末が何1つ楽天Koboに対応していないケースはほぼないでしょう。

楽天Koboでアカウントを共有する方法

楽天Koboでアカウントを共有するには、利用したい端末それぞれにアプリをインストールしてログインする必要があります。

小さなお子様と共有する場合、ログイン作業に関しては親御さんが代行した方が無難でしょう。

楽天Koboでアカウント共有を解除する方法

楽天Koboにはアカウント共有の台数上限がないため、端末の共有設定を解除する作業は一切不要です。

ゆえに、端末情報の削除機能は楽天Koboに備わっていません。

まとめ:楽天Koboは無制限でアカウント共有できる!

本記事では、楽天Koboのアカウント共有について解説しました。

以下のとおり表にまとめましたが、共有台数は無制限です。

何台まで利用できる?何台でも利用できる
家族で共有できる?できる
家族以外に共有できる?できない
端末は何が使える?PC・スマホ・タブレット

何点か共有の際の注意点がありますが、無制限で共有できるストアはほとんどないので、大家族で利用するなら楽天Koboがおすすめです。

注意点は、こちらの家族で電子書籍アカウントを共有する方法【違法ではありません】で解説するので、共有して電子書籍を読もうと考えている人はどうぞご覧ください。

-アカウント共有