Kindleストアはサービス終了の可能性はある?3つの観点から考察

Kindleストアはサービス終了の可能性はある?3つの観点から考察

「Kindleは今後サービス終了の可能性はある?安全に利用できるのか詳しく教えて!」

そんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 楽天Koboのサービス終了リスクについて

電子書籍を初めて利用する場合、ストアの閉鎖によって購入した電子書籍が読めなくなるのではないかと不安ですよね。

読めなくなるリスクを回避するためには、サービス終了の可能性が低い安全なストアで電子書籍を購入する必要があります。

そこで本記事では、Kindleに焦点を当てて、今後サービス終了の可能性はないかを考察していきます。

本記事を読めば、Kindleを安全に利用できるかどうかが判断ができるため、Kindle利用の参考にしてください!

おすすめ電子書籍ストア

Amebaマンガ

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】

Amebaマンガでは期間限定で100冊40%OFFクーポンを配布中。ここまでヤバいクーポンは、他では配布していません。

いつ配布が終了するかわからないですが、配布終了のカウントダウンは始まっていると思ってください。(会員特典のポイント、限定クーポンは予告なく変更・終了する場合がございますのでご了承ください

コミックシーモア

コミックシーモア
  • 漫画が読めるストアランキング1位
  • 漫画の安いストアランキング1位
  • 初回特典のお得度ランキング1位
  • ポイント還元率ランキング1位

漫画を読むならコミックシーモア。クーポン配布・セールが圧倒的です。

詳細は下記のリンクをどうぞ。

ebookjapan

ebookjapan

ebookjapanでは50%OFFクーポン(最大3,000円引き)を配布中。値段が7,500円以下の本なら、ebookjapanが最もお得です。

Amebaマンガの40%OFFクーポンでは7,500円以上で割引額が3,000円以上になりますが、ebookjapanは上限の割引額3,000円止まりとなるので。。。なので、例えば漫画10~15冊くらいで約7,500円以下の値段であればebookjapanを使いましょう

Kindleはサービス終了の可能性はある?3つの観点から考察

世界各国で利用されている電子書籍ストアの「Kindle」ですが、今後サービス終了の可能性はあるのでしょうか。

結論から申し上げると、Kindleが今後サービス終了する可能性はほぼありません。

今回は、以下3つの観点から、Kindleのサービス終了リスクについて考察していきます。

  • 運営会社の大きさ
  • サービス継続の長さ
  • 利用ユーザーの多さ

ひとつずつ詳細を確認していきましょう。

【kindleストア】運営会社の大きさ

Kindleは、Amazon.comが運営する総合電子書籍ストアです。

Amazonといったら、世界でもトップ5に入る大企業ですよね。

電子書籍以外にもインターネット経由の小売を展開していて、「世界で最も影響力のある経済的・文化的勢力の一つ」とまで呼ばれています。

日本だけではなく世界中に顧客を大量に抱えているため、Amazonブランドのイメージ維持のためにも、Kindle閉鎖の可能性はほぼゼロと言えるでしょう。

関連記事【激やば】電子書籍はサービス終了したらヤバい!?【終了サービス一覧と対応事例を公開】

【kindleストア】サービス継続の長さ

Kindleは2007年に米国でサービスが開始されて、日本版のストアは2012年に開設されました。

日本での電子書籍普及に合わせてサービスを開始していますし、元々は米国でいち早くサービスを開始していた実績があります。

運営歴が長いということは、それだけサービスに信頼があるということのため、10年以上の運営実績があるKindleは安全なストアと言えます。

【kindleストア】利用ユーザーの多さ

Amazonのサービスは月額制プライム会員の人数だけでも、2021年4月時点で全世界で2億人以上となっています。

プライム会員が全員Kindleを使っているわけではありませんが、莫大な利用者がいることがわかりますよね。

また、日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関であるMMD研究所が実施した「2018年8月 電子書籍の利用に関する調査」によると、約半数の人がKindleで電子書籍を購入したと答えています。

以上のように、日本でもKindleが多くの人に利用されていることから、経営状態が良好と判断できるため、今後もサービスを継続していくと推測できます。

まとめ:kindleストアはサービス終了の可能性は低い!

本記事では、「Kindle」のサービス終了の可能性について、3つの観点から考察していきました。

改めて、Kindleは以下3つの観点からサービス終了の可能性はゼロに近いと言えます。

  • 世界でもトップ5に入る大企業のアマゾンが運営しているため安心
  • 日本での電子書籍普及当初からサービスが継続しているため安心
  • 利用者が多く、経営状態が良好と判断できるため安心

上記3つの観点からわかるように、Kindleは今後も安心して利用できると判断できます。

本記事を読んで、Kindleの利用に問題はないと感じたなら、ぜひ利用を検討してみてください。

-初心者向け情報